comorie コモリエ [梅雨時洗濯]「バスタオル」と「足ふきマット」を見直して洗濯物を軽量化
[梅雨時洗濯]「バスタオル」と「足ふきマット」を見直して洗濯物を軽量化

洗濯

2017/06/21

0

[梅雨時洗濯]「バスタオル」と「足ふきマット」を見直して洗濯物を軽量化

こんにちは!スッキリ暮らすアドバイザーの美吉野みみです雨が続く時期、じめじめ湿気が気になるし、洗濯物も乾かない…。それだけで憂鬱さが増してきませんか?そこで今回は、洗濯物を軽量化する工夫についてお伝えします。

この記事をお気に入り登録する

10,958

バスタオルを替えるだけで、洗濯物は激減する!

バスタオルを替えるだけで、洗濯物は激減する! 我が家では、お風呂上がりのタオルは家族ごとにそれぞれ用意しています。でもそうすると、洗濯物のなかで結構かさばるのがタオルの量。
お風呂上がりは「バスタオル」という思い込みを取っ払って、もっと小さいタオルにしてみてはどうだろう?と夫に相談してみました。

すると夫は「フェイスタオルでは小さすぎるからイヤ」という回答。

そこで「フェイスタオルよりも大きくて、バスタオルよりも小さい」サイズのビッグフェイスタオルを導入。

ビッグフェイスタオル(40cm×100cm)だと、実質、バスタオルの半分くらい。
画像はバスタオル、ビッグフェイスタオル、フェイスタオルでサイズがわかるよう重ねてみました。
バスタオルほどのサイズがなくても、体を拭くには十分です。

フェイスタオルではすぐタオルがびしゃびしゃになってしまいそうですが、このビッグフェイスタオルのサイズだと、私のように髪の長い女性でも充分対応できました。

毎日使うバスタオルを、一回り小さいサイズのタオルにすることで、洗濯物を軽量化することができたのです。

次は、足ふきマットも代えてみよう!

次は、足ふきマットも代えてみよう! お風呂上がりの足ふきマットも、洗濯すると厚みがある分乾きにくいし、洗濯のタイミングが難しい。

我が家ではこの足ふきマットもやめて、こちらもビッグフェイスタオルを使っています。

マットだと単品で洗わなければいけなかったものが、タオルにすることで、他のものと一緒に頻繁に洗えて衛生的に。
タオルと一緒にとりかえることで、じめじめしたマットを使い続けることがなくなり、とても快適になりました。

バスタオルも足ふきマットも本当に必要? それでないとダメ??

バスタオルも足ふきマットも本当に必要? それでないとダメ?? 子どもの頃から、お風呂上がりにはバスタオルと足ふきマット…それが当たり前で育ってきました。
ひとり暮らしをするときにも、何の疑いもなくバスタオルと足ふきマットを購入し、ずっと使い続けてきました。

でも「洗濯を楽にして、もっと快適に暮らすには?」ということを考えた時、他の選択肢を取り入れたほうが楽なのかもしれないという結論にいたりました。

我が家ではバスタオルと足ふきマットをやめて、一回り小さなタオルを使うことで、梅雨時や冬場の洗濯物が乾きにくいシーズンの悩みのタネが減りましたし、少しでも洗濯物が少ないと、家事も楽になります。 [梅雨時洗濯]「バスタオル」と「足ふきマット」を見直して洗濯物を軽量化_4 あなたの暮らしの快適さに役立っているか?という視点で、モノを見直してみましょう。

「思い込み」をはずして、暮らしにあった「モノ選び」をすることで、生活が快適になることをどんどん発見できるかもしれませんよ!
この記事にコメント書く
この記事の関連タグ
関連記事