comorie コモリエ セリアの「デコパージュ液」で石鹸と瓶のフタをオシャレにリメイク!
セリアの「デコパージュ液」で石鹸と瓶のフタをオシャレにリメイク!

手作り・DIY

2017/02/28

2

セリアの「デコパージュ液」で石鹸と瓶のフタをオシャレにリメイク!

ちょっとした小物のリメイクに大人気!「デコパージュ」は、石鹸から衣服にガラス瓶まで、素材を選ばず施せることが人気の秘密です。リメイクはペーパーシートをカットして「デコパージュ液」を塗るだけなので簡単!初心者さんでも出来るリメイク方法をご紹介します。

この記事をお気に入り登録する

5,761

初心者さんでも簡単!デコパージュリメイク

初心者さんでも簡単!デコパージュリメイク ペーパーシートをカットして、デコパージュ液を重ね塗りするだけでリメイク完了。
この手軽さが人気に火を付け、小物や雑貨のプチリメイクの定番となりました。
フィンランドのアパレルブランド「マリメッコ」のペーパーシートでのリメイクもお馴染みです。

デコパージュ液やペーパーシートは、ダイソーやセリアなどの100円ショップで手に入ります。
お財布にも優しいのが魅力ポイント。
今回は初心者さんでも簡単な、基本のデコパージュリメイク方法をご紹介したいと思います。

100均デコパージュ液で、リメイクの基本

100均デコパージュ液で、リメイクの基本 一番最初にトライするならば、「石鹸」のリメイクがおすすめです。OPP袋(※)で包み、リボンをつけてラッピングすれば可愛いプレゼントにもなります。

早速、基本のリメイクステップを見ていきましょう。
※正式名称は「2軸延伸ポリプロピレン」で透明な袋のことです。

<必要なもの>
・ペーパーシート
・デコパージュ液
・絵の具用の筆
・ハサミ
・石鹸

※これらの全ては100円ショップで手に入ります。

1.ペーパーシートをカット

1.ペーパーシートをカット ペーパーシートをハサミでカットしていきます。石鹸の丸みに沿うよう、ペーパーシートのサイズを微調整しましょう。

この時、注意するのが絵柄の配置。鉛筆などで軽く印をつけておくと、絵柄のバランスが良く、綺麗にカットすることができます。

2.リメイクしたい部分にデコパージュ液を塗る

2.リメイクしたい部分にデコパージュ液を塗る 石鹸の表面にデコパージュ液を塗っていきます。ムラが出ないよう、筆でなめらかに均一にしていきましょう。

デコパージュ液は糊状になっているため、乾きやすくなっています。素早く塗りつけるのがポイントです。

3.ペーパーを貼る→仕上げ塗りする

3.ペーパーを貼る→仕上げ塗りする 先ほどのカットしておいたペーパーを、石鹸の表面にしっかり合うよう貼っていきます。多少はみでてしまっても、後に調整できるので心配はいりません。

ペーパーシートは非常に薄いので、空気が入ると凹凸が出てしまいます。貼る時は中央を抑えて、波紋のように擦り貼ることで空気が入り込みません。

最後にデコパージュ液をたっぷり筆につけて仕上げ塗りをします。この仕上げ塗りによって、表面に光沢が出てペーパーシートの接着性が高まるのです。こちらも凹凸が出ないよう、均一に仕上げましょう。

基本のリメイクが完成!

基本のリメイクが完成! 以上の工程で基本のリメイクは完成です。とっても簡単ですよね?この基本さえ覚えれば、石鹸以外のリメイクも工程は同じです。様々な小物や雑貨に施してみください。

おすすめリメイク

おすすめリメイク 石鹸の次におすすめなリメイクが「瓶の蓋」です。

マスキングテープを貼り付けるのも人気ですが、お水にも強い「デコパージュ液」の方が普段使いに便利。市販の瓶はもちろん、使い終わった空き瓶もお洒落に変身できちゃいます。

蓋リメイクのコツ

蓋リメイクのコツ 瓶の蓋のように、少々複雑な形に施す時はコツが必要です。石鹸のように先にカットせずに、大きめにカットしたペーパーシートを貼り付けてしまいます。

デコパージュ液が乾いたら、蓋のサイズに合わせてカットするのがスムーズ。仕上げ塗りで接着しきれていない箇所を、埋め込むように筆をいれれば綺麗に仕上がりますよ。

出来上がった瓶は調味料や小物入れとして活用しましょう。お部屋を素敵に彩るアイテムへと変身。

日頃使う雑貨のプチリメイクに是非!

日頃使う雑貨のプチリメイクに是非! この他にも、木箱や化粧ブラシの取っ手、傘、スプレーボトル、上履き、トートバッグetc、、。

どんな素材にも対応するのが嬉しいポイントですね。日頃使う小物や雑貨は、100均の「デコパージュ液」で素敵にリメイクしてみてはいかがでしょうか。


この記事にコメント書く
関連記事