comorie コモリエ 夏こそ半裸でナチュラルクリーニング!粉石鹸を使ったお風呂掃除術
夏こそ半裸でナチュラルクリーニング!粉石鹸を使ったお風呂掃除術

掃除

2017/08/09

0

夏こそ半裸でナチュラルクリーニング!粉石鹸を使ったお風呂掃除術

夏のお風呂掃除は、暑いし湿気もあるしバスルームは狭いので動きづらいし汗びっしょりになっちゃうし……ああ!!ほんとにつらい! でも、そこは考えを変えてみて。どうせ汗をかくなら、「掃除する」というよりも「お風呂に入る」または「シャワーを浴びること」を前提にしてバスタイムにそうじを取り込んでみるのはどうでしょう。夏だからこそ味わえるお風呂掃除術です。

この記事をお気に入り登録する

4,095

まずは掃除にとりかかる準備を

まずは掃除にとりかかる準備を 動きやすく、汗や水でぬれても気にならないラフな短パンキャミソールで挑みます(何ならパンツいっちょでも!)。汗ふきタオルもあるといいですね。おすすめは首に巻くよりキャミソールと背中の間にタオルを挟む方法です。

背中は意外と汗かきポイントなので、タオルを挟むとべったり服が背中につかず、快適に汗をかくことができます。
ほとんど素肌を出す無防備スタイルになって「よっしゃ~汗かくぞ!」と思うとむくむくとやる気がおこってくるハズ!

夏こそ半裸でナチュラルクリーニング!粉石鹸を使ったお風呂掃除術_2

出典: お肌のための洗濯用粉せっけん1Kg(ミヨシ石鹸)

薄着でお掃除、となるとお風呂用洗剤だと洗剤が体について少し気持ち悪いですよね。そこで私が昔からおすすめしているのが、夏こそ素肌で(半裸で)ナチュラルクリーニング!粉石鹸を使ったお風呂掃除です。

私が掃除に愛用している石鹸は、主に「シャボン玉石けん」や「ミヨシ石鹸」の石鹸成分だけの製品(脂肪酸ナトリウムまたは脂肪酸カリウムなどの石鹸成分だけでできているもの)です。

※純せっけんの排水は、水と二酸化炭素に分解されて自然に返るので、地球環境にもやさしいことから私はいろいろな生活シーンで石鹸を愛用しています。

石けんはアルカリ度が高いため油汚れに最適です。皮脂汚れのお風呂場掃除だけでなく、キッチンの換気扇汚れや油汚れにも効果的なんですよ。

ダイナミックお風呂掃除いざ開始!

ダイナミックお風呂掃除いざ開始! まずは洗面器に粉せっけんを大さじ2-3杯を入れます。そこにお風呂の残り湯、またはぬるま湯をいれて溶かします。先に粉せっけんを入れてからお湯を入れる方がよく溶けます。しばらくほかの家事などをしていれば、自然と溶けてこのような濃い目の石鹸水ができます。 夏こそ半裸でナチュラルクリーニング!粉石鹸を使ったお風呂掃除術_4 夏こそ半裸でナチュラルクリーニング!粉石鹸を使ったお風呂掃除術_5 粉せっけんをとかしたお湯に手を直接いれてパシャパシャかくはんすると、モコモコの泡があっという間にできます。

これがたのし~い。合成洗剤ではないので、蒸れるゴム手袋などは使わず私は素手で掃除しています(お肌の弱い方はきちんとゴム手袋をしてね)。

バケツなど背の高い容器にいれるとかくはんしやすいですよ。モコモコの濃厚な泡ができました。
夏こそ半裸でナチュラルクリーニング!粉石鹸を使ったお風呂掃除術_6 夏こそ半裸でナチュラルクリーニング!粉石鹸を使ったお風呂掃除術_7 この泡をすくってスポンジやブラシで壁や浴槽、風呂場の小物などなどを磨きます。 夏こそ半裸でナチュラルクリーニング!粉石鹸を使ったお風呂掃除術_8 壁や床あちこちに泡をとばしてモコモコのバスルームにしちゃいましょう。

汗もびっしょりかきますが、飛び散る泡も気にならない。どんどん楽しい気持ちでシャボン遊びの感覚でお風呂場全部を泡だらけにしてキレイにしちゃいましょう。 夏こそ半裸でナチュラルクリーニング!粉石鹸を使ったお風呂掃除術_9 最後は泡だらけのお風呂場全体にシャワーをかけて落としていきます。この瞬間、本当に気持ちいいんですよ!!

合成洗剤と違って石鹸の泡はいつまでもヌメヌメせずに水をかければさっぱりと流れ落ちていきます。このとき泡がしっかり皮脂汚れをからめとってくれています。

美しすぎるバスルームと私

美しすぎるバスルームと私 すべて洗い流したら、汗びっしょりの自分もそのままバスタイムを楽しんで、最後に全体についた水滴を拭きとってドライ状態にしておしまい。

汗をかいて新陳代謝もUPしてからのバスタイムなのでお肌もいつもより1割増しでピカピカに。

どうでしょう、考え方を変えてみるだけで、汗を思いきりかくことってなんて気持ちいいんだ!!そう実感するおそうじタイムに変わりませんか? お風呂掃除は暑くてつらい!ではなく夏場のお楽しみタイムになることでしょう。

ぜひ一度、お風呂掃除を楽しいバスタイムの一部に組み込んでトライしてみてください。

おまけ:関東との水質の違い

おまけ:関東との水質の違い ところで私は夫の転勤で横浜から越してきて現在名古屋市に住んでいるのですが、関東と中部地方の水質の違いに驚いています。

横浜ではどんなに気を付けていても、水回りに白い水垢(カルキ汚れ)がついてしまったものですが、名古屋ではほとんどメンテナンスをしていなくてもご覧のとおりピカピカなのです。鏡のウロコもつきません。

キッチンのシンクもあまり石鹸カスがつきませんし、水回りのお手入れがとても楽です。水質が違うとここまで違うのかと驚いています。所変わると掃除も変わるのですね。勉強になります。
この記事にコメント書く
この記事の関連タグ
関連記事