comorie コモリエ 乾物保管におすすめ!オシャレな保存容器「アクリルキャニスター」の魅力
乾物保管におすすめ!オシャレな保存容器「アクリルキャニスター」の魅力

整理・収納

2017/02/13

1

乾物保管におすすめ!オシャレな保存容器「アクリルキャニスター」の魅力

キッチンにはさまざまな食品が収められていますが、特にその収納方法に頭を抱えてしまうのが乾物などの常温保存できる食品です。種類も多く、食品によって使用頻度がまちまちなので、なかなかコレ!といった保管方法が見つりません。 そこで、乾物などの食品収納におすすめなオシャレな保存容器「アクリルキャニスター」の魅力を紹介します。

この記事をお気に入り登録する

13,642

扱いやすい!重ねて使えるアクリルキャニスター

扱いやすい!重ねて使えるアクリルキャニスター こんにちは。3児の母兼整理収納アドバイザーのサチです。キッチンでの収納方法に悩みがちな乾物などの食品の保管方法についてご紹介します。

常に水分がつきまとってしまうキッチン。食品を保管する保存容器選びには慎重になりますよね。そこでおすすめしたいのが、アクリル製のスクエアキャニスターです。

縦に長い収納ケースを使うことで深さを味方につけ、さらに、使用頻度を意識して収納ケースを積み重ねて使えます。アクリル製なのでとても軽量で扱いやすく、気軽に洗えて清潔を保てるというのも、食品保管にはうれしいですよね。

「開閉しやすさ」と「適度な密閉性」をあわせもつスクエアキャニスター

「開閉しやすさ」と「適度な密閉性」をあわせもつスクエアキャニスター 乾物などの食品を収納するキャニスター選びで、サイズや扱いやすさ以上に大切なのが「開閉しやすいこと」と「適度な密閉性」。

乾物などの中にも毎日のように使うもの、そうでないものと、使用頻度は様々です。ある程度の密閉性を保ちつつも毎日の開閉が楽、そんなキャニスター選びが大切です。

▼「開閉しやすいこと」と「適度な密閉性」の両方を兼ね備えたキャニスター
bc2アクリルキャニスターM

キャニスターに保管して毎日使いやすく!

キャニスターに保管して毎日使いやすく! 筆者の家でシンク下に収めている乾物などの食品は干ししいたけ、パン粉、パスタ、麦茶パック、出汁パック、野菜出汁パック、出汁昆布、マカロニ。

どれもそんなに長期間かけて使い切るものではなく、それぞれの使用頻度はさまざまですが、どの食材も使いたいときにすぐに使える状態になっています。

例えば麦茶パック、特にお子様のいるご家庭では、年中保管しているというご家庭も多いですよね。
市販の麦茶パックのパッケージを輪ゴムでとめて保管という方も多いのではないでしょうか?

輪ゴムでとめただけの保管だと、輪ゴムをとめるというワンアクションが加わります。これが地味だけど実に面倒くさい!

少しの手間ですが、これが積み重なるとけっこうなストレスになりますよね。毎日快適に使えるキャニスターで、開閉時のストレスから解放されましょう!

乾物などの食品は、必ずしもキャニスターに入れ替えた方がラクになるとはかぎりませんが、

「毎日使っているけど、なんだか使いにくいな。」
「出し入れしにくいから、あまり使わなくなってしまったかも。」

と思うような食品があったら、ぜひ保管方法を見直して、使用頻度と使用パターンにあった保管方法を一度考えてみることをおすすめします。

その中で、今回ご紹介した「開閉しやすさ」と「適度な密閉性」を兼ね備えたキャニスターを保存容器選びの参考にしていただけたらと思います。



【関連記事】
収納ラベルシールを格段にオシャレにする100均アイテム
この記事にコメント書く
この記事の関連タグ
関連記事