comorie コモリエ ベーシックがいちばん!無印良品のカーテンはこんなに優れもの
ベーシックがいちばん!無印良品のカーテンはこんなに優れもの

インテリア

2017/03/28

0

ベーシックがいちばん!無印良品のカーテンはこんなに優れもの

食品、衣料品からインテリアまで幅広いカテゴリー展開されていることが魅力の無印良品。衣服もインテリアも、取り扱っているものは全てナチュラルシンプルなデザインなので、どんなテイストにもしっくりと馴染む万能さが人気の秘密です。また、品質やデザインはもちろんですが、コストパフォーマンスにも優れ多くの人がお買い求めやすい価格設定になっています。今回は、その中でも使い勝手抜群の無印良品のカーテンについてご紹介します。今まで知らなかった驚きの機能やデザインをもったカーテンがもりだくさんなのでこれからカーテンの購入を検討している人は必見ですよ。

この記事をお気に入り登録する

2,632

知ってる?正しいカーテンの測り方

知ってる?正しいカーテンの測り方 カーテンを買う前に必ずやっておきたいのが、カーテンの採寸。いい加減な採寸で購入してしまうと微妙に長さが合わないといった事態になることも。何年も使うカーテンなので、窓にきっちりあったサイズで購入したいですよね。ここでは、正しいカーテンの測り方をご紹介しましょう。


▼採寸には3つの工程がある

カーテンの採寸は、大きく分けて3つの工程があります。レールの横幅を測る、ランナーからの丈(高さ)を測る、フックの幅を決めるといった3工程です。

1)レールの横幅を測る

まず両端のフックとフックの幅を測ります。その幅に、3%から5%を上乗せした長さが理想のカーテンレールの横幅です。


2)ランナーからの丈(高さ)を測る

出入りできる窓の場合は、カーテンのカン下から床からマイナス1cmの長さを測ります。腰までの高さの窓の場合は、カーテンのカン下から窓枠の下プラス15~20cmまでの長さを測ります。この長さを間違えてしまい、短すぎたり長すぎたりしてしまうと見栄えが悪くなり、結果的に買い替えといったこと


3)フックの幅を決める

カーテンボックスや天井付けの場合、通常のカーテンレールの場合、装飾レールの場合で、フックの種類が変わってくるので注意しましょう。また、輸入物のカーテンを設置する場合は、通常のカーテンレールではなくカーテンロッドが必要な場合があるので、家のカーテンの仕様などをよく確認する必要があります。

防炎&遮光性も良し!無印良品のナチュラルなカーテン

防炎&遮光性も良し!無印良品のナチュラルなカーテン

出典: 画像提供:株式会社良品計画 / 引用元:無印良品ネットストア

無印良品のカーテンは、既成カーテンと自由に生地やサイズ、スタイルを選ぶことのできるオーダーカーテンが取り揃えられています。

素材は、通常の綿タイプのものから、遮光素材のもの、透けにくい素材のもの、防炎タイプのものなどデザイン性重視のものから機能性重視のものまで展開されているので、用途にあって選ぶことができます。

カラーも、どんな部屋にもあるベーシックな色合いのものから、個性を発揮できるデニム素材や柄物まで揃っているので、お部屋のテイストにあわせて色々とチョイスできるのが嬉しいですね。


▼防炎タイプと遮光タイプの違い

機能性の高いカーテンの代表的なものとして、防炎タイプと遮光タイプがあります。防炎タイプは、地下街や人が集まる密集している場所においては建築法や消防法で設置が義務化されています。法で定められている防炎機能カーテンは、防炎性能と呼ばれている機能があり、無印良品の防炎カーテンはそれらをクリアしているものとなっています。

また、遮光性に優れたカーテンも展開されています。遮光カーテンは、折り方や糸の素材で遮光レベルを調整しています。遮光レベルによって1級から3級まで分かれており、1級だと、遮光レベルが99.99%とほとんど光を通さないものになっています。カラーもベーシックなブラウンやグレー、アイボリーをはじめバリエーションも豊富に揃っているので安心して選ぶことができます。


▼カーテン別!コーディネート例

カーテン1枚で簡単にお部屋の模様替えができてしまいます。無印良品のカーテンを使ったインテリアコーディネート例をご紹介しましょう。


・綿デニムプリーツカーテン

まず、無印良品のカーテンの代表的なアイテムとして名高い綿デニムプリーツカーテン。とても爽やかな雰囲気でマリンテイストにも持ってこいです。クッションやソファなどもテイストを合わせて西海岸風の雰囲気にしてみてはいかがでしょうか?


・ポリエステル綿チェックプリーツカーテン

薄手の綿素材とキンガムチェックがカントリーでナチュラルな雰囲気を演出してくれます。優しい雰囲気のお部屋にしたいときにはおすすめ。


・綿帆布プリーツカーテン

忘れてはならない無印良品の代表アイテムが、帆布を使った綿帆布プリーツカーテン。太番手を使った糸を使用しているので、帆布ならではのハリのある頑丈な質感を実現しています。
見た目も網目がみえていておしゃれな雰囲気なのでどんな部屋にも合わせやすいのが特徴です。あえてモノトーンのシンプルな部屋に合わせても、クールな雰囲気でかっこいいですね。

ベーシックがいちばん!レースカーテンで夏も快適

ベーシックがいちばん!レースカーテンで夏も快適 無印良品は、カーテンだけでなくレースカーテンも豊富です。実は、夏場はレースカーテン1枚で快適に過ごせてしまうのでいくつかご紹介していきましょう。

爽やかな夏らしい素材にこだわりたい人におすすめなのが、麻ボイルのプリーツカーテン。自然な風合いと抜け感があり、お部屋全体をとてもおしゃれにみせてくれます。夏場の爽やかな風を楽しみたいという人にはおすすめ。

また、紫外線が気になる人は、UVカット機能がついたカーテンがあります。明るい夏の日差しを楽しみながらも紫外線はしっかりカットしたいという人はこちらのカーテンで過ごしてみましょう。カラーもホワイトからアイボリーまでバリエーション豊富なので、お部屋の雰囲気やその時の気分にあわせて選んでみてください。

今までなかった!デニム素材のカーテンがおしゃれ!

今までなかった!デニム素材のカーテンがおしゃれ!

出典: 画像提供:株式会社良品計画 / 引用元:無印良品ネットストア

無印良品では、他ではなかなかお目にかかれないデニム生地を使ったカーテンが販売されており、長年人気を誇っています。1枚1枚違った風合いがあり、オリジナル感にあふれています。

そんなデニム素材のカーテンは、カラーバリエーションも豊富で、ネイビー、ブルー、ブルーストライプがあります。デニムのパンツも濃淡で全く印象が変わってくるのと同様、カーテンも色味によってガラッとお部屋の雰囲気が変わります。

デニム素材ということもあり、取り扱い時には、摩擦による色映りやクリーニングの際の色映りに注意する必要があります。

ネイビーのデニムカーテンは、濃いめのブラックよりの色味になっているのでよりクールでメンズライクなお部屋にぴったりです。ダークブラウンの床などと合わせるとビンテージ感がでてかっこいい感じに仕上がります。

ブルーのデニムカーテンは、品のある深いブルーが特徴です。いわゆるインディゴブルーのような色味なので、とても落ち着いた雰囲気を醸し出してくれます。このきれいなブルーの色味を生かすべく、真っ白の部屋にチョイスしてみてもOK。とても爽やかなマリンテイストのお部屋が完成します。


※デニム素材は2017年春夏シーズンではオーダーカーテンのみとなります。

カーテンを洗って明るいお部屋を保とう!

カーテンを洗って明るいお部屋を保とう! カーテンは、設置したらずっとそのままと思っていませんか?カーテンは、外からのチリやごみを防いでくれたり、お部屋の汚れをキャッチしてくれたりするので実はとても汚れています。

また、さまざまなニオイをカーテンが吸収しているので、ニオイ汚れも気になるところです。そんなとき、きちんと洗ってメンテナンスすることで長く美しい状態で使用することができるので、ここではその方法についてご紹介していきましょう。


▼カーテンを洗う頻度

カーテンを洗う頻度は、1~2ヶ月に一度、最低でも3ヶ月から半年に一度を目安として考えましょう。いつも、清潔できれいなカーテンをすることで、お部屋全体も明るく見えますよ。


▼カーテンの洗濯方法

それでは、洗濯方法をご紹介します。

1)フックを外す

フックをはずしましょう。フックを縫い付けているタイプの場合は、フックが洗濯中の生地にひっかかって生地を傷つけてしまわないようにタオルなどを巻いて保護するようにします。


2)洗濯絵表示の確認

洗濯絵表示を確認しましょう。洗濯機OKの場合は、弱めの水流を選んで洗濯するようにしましょう。洗濯機OKとなっている場合でも、長年使用しているものだと生地が傷んでいる可能性があるので、きちんと確認し、気になる場合は手洗いに変更することをおすすめします。手洗いマークのものは、繊維の素材がデリケートなものが多いので、洗剤を生地にやさしいタイプのものに変えるなど工夫が必要です。


3)カーテンを干す

カーテンを干すときは、元のようにカーテンレールにそのまま干すのがいいでしょう。洗濯じわをのばすことができ、さらに自然なカーテンのプリーツが復活しますよ。

まとめ

ベーシックなデザインのものから、個性的なものまで幅広い種類が展開されている無印良品のカーテン。品質、コスパともに大満足できますよ。一度、無印良品のお店に足を運んで実際にカーテン手にしてみてください。カーテンで素敵に模様替えしましょう。
この記事にコメント書く
この記事の関連タグ
関連記事