comorie コモリエ 【無印良品】掃除ブログ歴10年の人気ブロガーが厳選!掃除アイテムベスト10
【無印良品】掃除ブログ歴10年の人気ブロガーが厳選!掃除アイテムベスト10

まとめ・特集

2017/04/21

9

【無印良品】掃除ブログ歴10年の人気ブロガーが厳選!掃除アイテムベスト10

掃除ブログ歴10年の人気ブロガー「おそうじペコ」が、無印良品の掃除アイテムをベスト10形式で発表します。掃除研究家ならではの視点で、無印良品が魅力だと思う理由や、良いアイテムを見つける方法を解説します。

この記事をお気に入り登録する

49,738

【無印良品】掃除ブログ歴10年の人気ブロガーが厳選!掃除アイテムベスト10_1 掃除研究家のおそうじペコです。掃除研究家兼ブロガーの活動をしておよそ10年が経ちます。

今回の特別企画「掃除が楽しくなる無印良品グッズベスト10」では、私が愛用し掃除が楽しくなる無印良品の掃除道具を選びました!

ベスト10の中には掃除道具以外の商品もありますが、使い方次第で掃除に活用でき、また掃除が楽になるものが無印良品の商品にはあります。商品を開発する時にさまざまな角度から考え追求した結果ではないかと思います。

掃除を楽しむためには道具選びは真剣です。機能はもちろん見た目も統一感のあるものを探していた時、無印良品の掃除道具と出会いました。

わたしが無印良品の掃除道具をオススメする理由

わたしが無印良品の掃除道具をオススメする理由 市販の掃除道具はなぜかカラフルなものが多いのですが、無印良品の掃除道具は部屋に置いておいてもシンプルなデザインなのでインテリアの邪魔にならずスッキリしています。

まるでミネラルウォーターのように自然で透明で心地よい、そんなイメージです。

改めて見回すと掃除道具に限らず、化粧品や雑貨、ファブリック、家具など無印良品のものが身の回りの大半を占めていることに気が付きます。

どれも意識して集めたわけではないのですが、自然と好きなイメージのものを選んだ結果こうなりました。おそらく無印良品ユーザーの方は皆さんそうなのではないでしょうか。

自分に合った掃除道具を見つけるコツは?

自分に合った掃除道具を見つけるコツは? ▼店で商品を探すときに心がけていること

店舗では掃除道具や雑貨類は特に時間をかけて見て回ります。手にとってブラシの固さなどの質感、グリップの持ちやすさ、スポンジのフィット感サイズ感、素材の耐久性などを細かくチェックします。

ほとんどの商品のサンプルが展示してあるので実際に感触や重さを持って確かめることができるのは助かります。

スペア商品があるか、その他に付属の商品やシリーズ商品はあるかなど探すのも楽しいです。また、一見雑貨でも掃除に役立ちそうなものがないのかも考えて見ています。

バス用品のマイクロファイバー素材のボディタオルを水回りの掃除に使用したり、透明で清潔感のある歯ブラシはキッチンで食器洗いブラシに使用したりと自分ならではの発想で活用しています。

じっくりと見て回るのでいつも長時間店内を回遊してしまいます。



▼無印良品の掃除道具は、使い終えた後まで想定されている

掃除道具は使いやすいものであればあるほど酷使するので劣化するサイクルが早くなります。毛先やスポンジは傷んでいるけれどまだ本体はしっかりしている愛用の道具を捨てるのはとても切ないことです。

掃除道具は使い捨てのものが多いのですが、無印良品の掃除道具はスペア商品があったり、使用後に雑巾になるフェイスタオルがあったりと、使い終えた後まで想定して作られているところが好きです。



▼無印良品の掃除アイテムを選ぶときは「商品説明」を一読することをオススメ

それぞれの商品のどこに特徴があるのか「こだわり」がパッケージやタグにわかりやすく記載されています。商品名だけでなく商品説明文も読むことをおススメします。

例えばフローリングモップ用のドライシートは、ホコリを吸着する薬剤が不使用であること、そのかわり格子柄のエンボス加工の形状でホコリを集めやすくする工夫がしてあることがパッケージに書いてあります。

掃除用シートひとつにもこれだけのこだわりがあると知ると自分が「いいもの」を選んで使用しているという満足感を得られます。

説明文を読み込み、納得して選んだ商品なので愛着も湧き大切に扱い、何度もリピートするので結局手元に残るのは無印良品の商品が多くなるということになるのかもしれません。


以上を踏まえ、私の無印良品の愛用品の中から掃除に関するおすすめアイテムを厳選したベスト10をご紹介いたします!


第10位 磁器ベージュキッチンツールスタンド 900円(税込)

第10位 磁器ベージュキッチンツールスタンド 900円(税込) ▼どんな商品?

うすいベージュ色の筒形のキッチンツールスタンドです。ツールスタンドなので高さがあり、転倒しない程度の適度な重さがあります。

つるりとしたデザインなので汚れも付きにくく、間口が広いので丸洗いした時に手が入るので清潔に使えそうなこと、キッチンツールはほとんどが無印良品のものなので相性も良さそうだなと思い買いました。


▼使ってみた感想は?

最初はツールスタンドとして一つだけ購入したのですが、キッチン用のウエス(使い捨ての雑巾・ぼろ布)を入れるために後から同じものを買いました。ウエス入れとしても深さと容量があるので沢山入ります。
またキッチンでのウエス入れを選ぶとき以下の2点がNGなのですが、このスタンドはいずれもクリアしています。

・フタのあるもの(取り出すのが面倒)
・軽い容器(取り出す時倒れて危険)

ツールスタンドとウエス入れと二つ並べておくことで汚れた調理器具や油汚れに菜箸でサッとウエスをすぐに取り出すことができ機能もUPしました。なにより同じものを二つ並べるという見た目のおさまりがよく満足しています。


第9位 ステンレスひっかけるワイヤークリップ4個入り  400円(税込)

第9位 ステンレスひっかけるワイヤークリップ4個入り  400円(税込) ▼どんな商品?

ステンレス製のピンチのつまみの一方が長く伸びていて、先が曲がっているのでポールなどにひっかけることができます。ステンレス製で長持ちし、清潔感があること、ひっかけることができるという点に惹かれました。


▼使ってみた感想は?

お風呂場や洗面台近くに常備しておきたい吸水タオルや掃除用ミニスポンジなどをクリップにとめてひっかけておけます。

洗濯機の毛玉とりやフィルターを洗ってちょっと干したり、ファンデーションスポンジを洗った後に干したりできます。キッチンではフキンかけにひっかけて、洗った牛乳パックなどを干しています。

掃除道具そのものではないですが、道具のメンテナンスにはこうした干すためのもの、ひっかけて収納できるものは重宝します。


第8位 携帯用メガネ拭き 84円(税込)

第8位 携帯用メガネ拭き 84円(税込) ▼どんな商品?

携帯用なのでポケットティッシュの半分ほどのサイズです。見た目小さいのですが、広げると133×150mmと想定以上の大きさです。

外出先でのメガネやスマートフォン、バッグや手帳など小物の汚れ拭き用に良いと思いました。

オイルや薬剤無添加なので素手で扱ってもよさそうなこと、バッグの中でも邪魔にならないサイズ、何より14枚入りで84円というコストパフォーマンスの高さなどが選んだ理由です。


▼使ってみた感想は?

極細繊維のアクリル不織物布なので、何もつけずにこれだけでメガネの汚れがかなり綺麗になります。

メガネ拭きだけではなくテレビやパソコン、スマートフォンの画面や腕時計やアクセサリーなどデリケートな素材のものを拭くのにも愛用しています。

また大判サイズなので掃除にも十分活用できます。靴を磨いたり、家電やテレビ回りなどの乾いたほこりの拭き掃除に使用したり一枚で最後の最後まで使いまわすことができるのでとても便利です。



第7位 発泡ウレタン石けん置き 320円(税込)

第7位 発泡ウレタン石けん置き 320円(税込) ▼どんな商品?

水切れのよい発泡ウレタン製の石けん置きです。真ん中に丁度石けんが収まるようへこみがあります。

石けん愛用者としては石けん置きにこびりついてします石けんカスの汚れと、使用後底に水が溜まることで石けんがドロドロに溶けてしまうことが悩みでした。


▼使ってみた感想は?

このウレタン素材の石けん置きにしてからはそれらが両方解決しました。水がよく切れるので石けんが乾いた状態になり溶けません。そして石けん成分を含んだ石けん置きは掃除用のスポンジに早変わりします。

水を加えて泡立て、石けん成分を洗い流すついでに水回りの掃除をすることができます。掃除したら丸洗いして軽く絞るだけ、石けん置きの掃除からも解放されました。

お風呂場の石けん用に使用しているので、入浴時にあちこちついで掃除をしています。

ウレタンスポンジは空気が入るためかなり泡立ちがよいので、掃除道具のひとつとしても優秀です。


第6位 PET詰め替えボトル・泡タイプ 350円(税込)

第6位 PET詰め替えボトル・泡タイプ 350円(税込) ▼どんな商品?

液体せっけんが泡で出てくるタイプのポンプボトルです。大小サイズ、透明なもの、白色のものと様々なタイプがあります。デザインが真四角ですっきりしています。

手洗いも、洗濯も、掃除も、まずはしっかり泡を立てることが汚れをよく落とす条件です。その点では最初から泡で出てくるポンプボトルはとても便利です。

大きいタイプは浴室の石けんシャンプー入れに、小さめのタイプは液体石けんを入れて洗面台に設置しています。残りがどのくらいかよくわかるよう透明タイプを選びました。


▼使ってみた感想は?

すぐに泡が出るので、その泡を使って洗面ボウルを掃除したり、洗面台周りの小物を洗うのにも使用できます。また洗濯前のワイシャツの襟袖の予洗いにも活用できます。

少しの液体石けんで沢山の泡が出るので経済的ですし、泡立てる無駄がなくなるので家事の手間が大分省けます。もちろんハンドソープとしても手洗いがしやすくなり、風邪の予防になっています。


第5位 その次があるやわらかフェイスタオル 700円(税込)

第5位 その次があるやわらかフェイスタオル 700円(税込) ▼どんな商品?

オーガニックコットン混のフェイスタオルです。34x85cmと少し大き目で、かなりボリュウムがありやわらかく肌ざわりもよいです。

普通のフェイスタオルと違うのは名前の通りタオルとして使用しつくした後のことまで考えられているデザインです。雑巾用にタオルを切る時のことまで考えるという発想に惚れました。

また、厚手でしっかりした素材なのでタオルとしても長持ちしそうなこと、使い古した後の掃除用雑巾にしてもしっかり汚れを拭き取れそうな素材の良さも選んだポイントです。



▼使ってみた感想は?

フェイスタオルは毛がやせて吸水が悪くなってきたら、捨てる前に4等分にしてウエス(使い捨て雑巾)にしているのですが、一般的なフェイスタオルだと切り口からどうしても細かい繊維がこぼれてしまいます。

このタオルはあらかじめ切ることを想定しているので、切っても繊維がこぼれにくい加工がしてあるラインが入っています。繊維がほつれず四枚の雑巾になるので、もう一度雑巾としてしばらくタオルを活用することができます。

また、かなり厚手なので雑巾としても外回り掃除や洗車などに役立ちます。この商品を見つけた時は、さすが無印良品!と膝を叩きたくなるほど感嘆しました。


第4位 掃除用品システム・カーペットクリーナー 390円(税込)

第4位 掃除用品システム・カーペットクリーナー 390円(税込) ▼どんな商品?

粘着テープタイプのクリーナーです。本体の柄の部分が湾曲しケースに収まっているので、入れたままスタンドできます。またケースの両サイドが開いているのでどちらからも本体を出し入れすることができます。

かまぼこ型のシンプルな形のケースに一目ぼれしました。凹凸がないケースなのでホコリがついてもひと拭きで綺麗になります。

またケースを置いたまま、本体をスライドさせて出し入れできるので忙しい時にほこりや汚れを見つけた時に瞬時に使用することができます。


▼使ってみた感想は?

洗面室に設置しています。何度掃除機をかけても使用する度に落ちている毛髪ですが、粘着タイプのクリーナーなのでシートタイプのフローリングモップよりも細かい毛髪をしっかり除去することができます。

掃除用品システムシリーズなので、ポールを付ければ立ったままフローリングモップのように使用できるのでカーペットの掃除やマットの掃除にも使用できます。


第3位 (掃除用品システム・スキージー 税込550円)

第3位 (掃除用品システム・スキージー 税込550円) ▼どんな商品?

水切りできるヘラとスポンジが両サイドについているスキージーです。掃除用品システムシリーズなので柄をつけて高い場所の掃除に使用することも可能です。

スポンジとヘラ部分はそれぞれスペアがあるので劣化したら取り替えることができます。水切れはもちろん、軽くて扱いやすいのも良いと思いました。


▼使ってみた感想は?

スポンジ部分で窓掃除をし、そのまま道具を変えずにヘラで水切りができるので掃除中の動きの無駄を省くことができるのでとても便利です。窓の外側を掃除した後はスポンジ部分が黒く汚れるのですが、スポンジだけを外して丸洗いできるので次の掃除も気持ちよくとりかかることができます。

窓掃除だけではなく、お風呂掃除にも活用しています。柄をつければ高い部分まで届くので、風呂場内の高所の壁部分の掃除などに使用しています。本体が軽いので、高所の掃除をしていても腕が付かれずに扱いやすいです。

水切りがついているので、風呂掃除の仕上げや入浴後の水滴とりにも便利です。


第2位 卓上ほうき(チリトリ付き 390円(税込)

第2位 卓上ほうき(チリトリ付き 390円(税込) ▼どんな商品?

小さめの卓上サイズのほうきとチリトリがセットになっています。自立できるデザインで薄くて小型です。上部に穴も開いているのでひっかけてぶら下げておくこともできます。

普通の卓上ほうきは文房具テイストが強いのですが、これは白くて清潔感がありキッチンに置いても自然と溶け込むデザインが良いなと思いました。

また軽くて小さいので邪魔にならず、収納も自立させる、ひっかけておく、と選べるのも高ポイントです。


▼使ってみた感想は?

毎朝パンを焼くのでその際に出る電子レンジ(無印良品の家電です)内のこぼれたコゲを掃き集めたり、食卓のパン屑を集めるのに使用しています。他にも冷蔵庫の野菜入れに溜まる乾いた野菜くずを集めるのに小さくて丁度良いサイズなので重宝しています。

キッチン内の掃除は、リビングとは違い野菜くずやパン屑などの細かい乾いた汚れがあります。すぐに水拭きをすると、雑巾に細かいクズがくっついてしまい、一度すすぎ洗いをしてからまた拭かなくてはいけません。

キッチン専用にこの箒を設置してから、水拭きする前にまずささっと食品クズを取ることで拭き掃除が楽になることを知りました。


第1位 マイクロファイバーミニハンディモップ 490円(税込)

第1位 マイクロファイバーミニハンディモップ 490円(税込) ▼どんな商品?

極細繊維のマイクロファイバー素材のモップです。自立できるケースがついています。細長く場所を取らないミニサイズです。身近に置いていつでもサッと掃除ができる道具を探していた時に見つけた商品です。

スッキリした形状がモップ(=掃除道具)を置いているという感じがしません。どこに置いても様になるデザインも気に入りました。

またモップがケースにしっかりはまっているので柄の部分を持ち上げるとケースごと取り出すことができるため、掃除後収納する際にケースを探す手間もなく、出し入れしにくそうな家電の裏や狭い空間にも設置できます。

コンパクトサイズで軽いので扱いやすく、モップ本体も広がりすぎないサイズなので狭い場所の掃除もできます。スペア商品があるので複数用意すればいつでも取り替えられて綺麗なモップをかけられるのも良いと思いました。

手を汚さずにサッと気づいたら掃除ができる便利アイテムです。


▼使ってみた感想は?

テレビボードの裏に設置しています。静電気でホコリを寄せるテレビや家電製品は、朝に掃除をしても夕方にはホコリで真っ白になっていることがよくあります。そのため、気が付いたらこのモップをかけています。

マイクロファイバー素材なのでしっかりとホコリをからめとってくれます。使い捨てタイプのモップは、何度も使っていると前に拭き取ったホコリが再付着してしまうので汚れたら捨てなければいけません。

この商品はモップ部分を外して洗うことができるため、こまめに丸洗いすることで何度も使用することができます。

モップのスペアも別売りであるため、モップが劣化しても安心です。また、モップ部分をケースに入れておけるので使用しない間モップそのものにホコリがついて汚れることもありません。

見た目もシンプルで手に取りやすいため、暇な時間のついで掃除に最適です。


さいごに

掃除の観点から10選をセレクトしましたが絞り込むのに大変でした。この企画がなければ自分の掃除生活にここまで多くの無印良品の商品が寄り添っていることに気が付きませんでした。

おそらく長い時間をかけて集まり、いつまでも手元に残っているからだと思います。統一感のあるデザインにその名の通りの良品、沢山の方に愛されている理由が改めてわかりました。

今後も何かを選ぶ時の第一選択肢は無印良品であり続けると思います。

※価格は2016年12月現在のものです。

関連記事

▼ブログ「良品生活」mujikko-rieさん
無印良品マニアが厳選「買って良かった」おすすめ商品ベスト10

▼ブログ「めがねとかもめと北欧暮らし。」MIさん
【無印良品】買って良かった!北欧インテリアブロガーが選ぶ、おすすめ商品ベスト10

▼ブログ「IEbiyori」サチさん
【無印良品】整理収納アドバイザーが厳選するおすすめ商品ベスト10

▼ブログ「ぽかぽか日和」ichigoさん
【無印良品】家がスッキリ&便利に!収納ブロガーが選ぶ、おすすめ商品ベスト10

▼ブログ「おそうじペコ」おそうじペコさん
【無印良品】ブログ歴10年の掃除研究家が厳選!おすすめ商品ベスト10

▼まとめ 
【2017年】無印良品週間!いろんな使い方ができる 無印良品のアイテムまとめ

【厳選】これは役に立つ!人気の掃除ブログまとめ5選
この記事にコメント書く
関連記事