comorie コモリエ 真冬のお掃除寒さ対策グッズ4選
真冬のお掃除寒さ対策グッズ4選

掃除

2017/04/07

0

真冬のお掃除寒さ対策グッズ4選

1年で一番寒い2月。この時期の掃除は寒さと、肌の乾燥とダブルパンチで掃除が本当にしんどいですね。そんな時は少しでも楽しく、ラクになるお助けアイテムがあると掃除のモチベーションにつながります。 私が実際に愛用している寒さと乾燥を乗り切る対策グッズを4つ選びました。

この記事をお気に入り登録する

1,749

その1 首を温めながら汗対策(首巻タオル)

その1 首を温めながら汗対策(首巻タオル) こんにちは三度の飯より掃除が好き!おそうじペコです。
首元が寒いと喉にもよくありません。首を温めるためにタオルをマフラーのように巻いています。掃除をしているうちに汗をかくことがあるのですが、タオルなら温めつつ汗を吸水してくれて便利です。
外掃除などさらに冷える時はその上からネックウォーマーを重ねると完全防寒になって無敵感があります。

その2 足元からの冷えをブロック(レッグウォーマー)

その2 足元からの冷えをブロック(レッグウォーマー) 早朝からの家事は家の中の暖房がまだ機能していないので床から朝の冷えた空気が足元を冷やします。首と同じく足元を冷えから守るのは風邪予防にもなります。

分厚い靴下と、さらにレッグウォーマーを履いています。お風呂場掃除など水回りの冷える掃除にも足首が暖かいと少しは楽に感じます。

その3 ホコリと乾燥から守る(マスク)

その3 ホコリと乾燥から守る(マスク) 乾燥する季節の掃除はホコリとの闘いでもあります。舞い上がるホコリを吸い込むと咳が出て雑菌も入り風邪をひきそうになります。またお肌にもよくありません。

しっかりマスクをして掃除をすると、ホコリから守られ喉やお肌も自分の息で加湿されます。
使い捨てマスクの素材の臭いが苦手な方はアロマスプレーなどをマスクの外側からワンプッシュするといい香りの中でお掃除ができて癒されます。

その4 荒れた手肌のケアもできる(手袋&ハンドクリーム)

その4 荒れた手肌のケアもできる(手袋&ハンドクリーム) 水を使う掃除をすると手肌が荒れてしまいます。そんな時はハンドクリームをたっぷり塗り、綿の手袋をはめてから水仕事用のビニール手袋を重ねてはめて掃除します。掃除しながら手から汗が出て蒸れた状態になりハンドケアにもなります。

ポイントは綿の手袋はメッシュの入ったドライブ手袋がおすすめ。メッシュが入っているので蒸れすぎないので程よい感じになります。ドライブ手袋は100円ショップなどに売っています。

  

   寒い日の掃除はつらいけれど、お助けアイテムを上手に使って対策することでぐっと冬の掃除が楽になります。他にも寒さに負けない自分ならではのアイディアで楽しいお掃除タイムをすごしてみてください。
この記事にコメント書く
この記事の関連タグ
関連記事