comorie コモリエ 洗濯しないシーツはトイレより汚い?干し方や頻度など洗濯方法を確認しましょう
洗濯しないシーツはトイレより汚い?干し方や頻度など洗濯方法を確認しましょう

片付け

2017/03/23

1

洗濯しないシーツはトイレより汚い?干し方や頻度など洗濯方法を確認しましょう

太陽をいっぱい浴びた布団にくるまれて寝るのは至福のときですよね。私たちの暮らしの中で欠かせないのが睡眠ですが、直接肌に触れるシーツなどはどれくらいの頻度で洗っていますか?毎日?1週間?10日?それとも……。洋服は1日着たら洗濯をするけれど、シーツは大きくてかさばるのでついつい後回しにしがちなモノのひとつではないでしょうか。

この記事をお気に入り登録する

8,242

洗っていないシーツはトイレ以上に雑菌がある?!

洗っていないシーツはトイレ以上に雑菌がある?! 人は寝ている間にコップ1~1.5杯ほどの汗をかくといわれていますよね。目には見えないものなのでそこまで汚れているというように感じませんが、ほかにも皮脂やフケ、髪の毛なども寝具には残ってしまいます。

それらが毎晩体温で温められて、さらにそれらを餌にダニがすごい勢いで増えていき、しばらく洗っていないシーツは、なんとトイレ以上に汚いとも言われています!

喘息やハウスダストのアレルギーなどを引き起こす原因になってしまうこともあります。

特に夏場は汗をかきやすいので、1週間に1度、冬場は2週間に1度くらいを目安に洗濯を心がけましょう。パリッとした清潔なシーツは気持ちよく、睡眠の向上にもつながります。

洗えなくても湿気を取るだけでもダニの発生は抑えられるので、短い時間でも外に干したり、布団乾燥機などを上手に使ってみるのもいいですよ。

洗うときは、じゃばら折りでネットに入れよう!

洗うときは、じゃばら折りでネットに入れよう! シーツを丸めてポイっと洗濯機に入れてしまうと、ぐちゃぐちゃになった部分がしっかり洗えなかったり、ねじれたり、引っ張られたりして生地を傷めてしまうことがあります。

大切な寝具を長く使うためにも、じゃばら折りにたたんで洗濯ネットに入れることをオススメします。たたむ時は、上半身などの汚れやすい箇所が表面にくるようにしてみてくださいね。こうすると全体に水も浸透しやすく洗剤もいきわたり、たたむことで結果的に干すのもラクです。

中性洗剤で洗えば肌とシーツに優しい!

中性洗剤で洗えば肌とシーツに優しい! 長時間直接肌に触れるシーツだからこそ、洗剤にも気をつけたいもの。
真っ白く洗いあげたい気持ちはありますが、漂白剤や合成界面活性剤などが入った洗剤は避け、中性洗剤や天然由来のものが肌にとっても安心ですし、生地も長持ちします。

柔軟剤などは汗の吸い取りを悪くしてしまうので使わないほうがベターです。

風通しのよい場所で陰干しでシーツ長持ち!

風通しのよい場所で陰干しでシーツ長持ち! 干すときは直射日光が当たる場所よりも、風通しのいい場所での陰干しをすることで、シーツが紫外線で劣化するのを防げます。

また、生乾きの状態だとせっかく洗ったシーツに雑菌が繁殖してしまうので、しっかり乾かすようにしてください。

質のよい眠りで健康な日々を過ごすために、ぜひ参考にしてみてくださいね。
[comorie編集部からのお知らせ]
花垣志乃さんを講師に迎えて4月22日(土)に家事をテーマにした無料セミナーを開催します
「家事をラクに楽しむコツ」を学べる無料セミナーのお知らせ(4月22日開催)
この記事にコメント書く
関連記事