comorie コモリエ 【無印良品vsニトリ】整理収納アドバイザーが「ファイルボックス」を比較してみた
【無印良品vsニトリ】整理収納アドバイザーが「ファイルボックス」を比較してみた

整理・収納

2017/04/18

3

【無印良品vsニトリ】整理収納アドバイザーが「ファイルボックス」を比較してみた

収納用品として一般的になったファイルボックスですが、色々なメーカーから様々なものが発売されています。今回は、身近な2大ブランドである無印良品とニトリのファイルボックスのメリットに沿った使い方についてご紹介しますね。

この記事をお気に入り登録する

63,724

並べてわかる色の違い

並べてわかる色の違い 整理収納アドバイザーのサチです。

とてもよく似ていると評判の無印良品とニトリのファイルボックス。画像からもわかるように、同じ白でも無印良品のものはホワイトグレー、ニトリのものはオフホワイトという感じで、並べてみると違いがはっきりわかります。

同じファイルボックスをずらりと並べたいときは、同じブランドのもので揃えた方が全体的に統一感がでるので、購入の際はご注意くださいね。



【関連記事】
【2017年】無印良品週間!いろんな使い方ができる 無印良品のアイテムまとめ
【無印良品】人気ブロガーが選ぶ「買って良かった」おすすめ商品50選
【無印良品】整理収納アドバイザーが厳選するおすすめ商品ベスト10

並べてわかるサイズの違い

並べてわかるサイズの違い 色よりも重要な違いはサイズです。右が無印良品、左がニトリのものですがご覧の通り、無印良品のファイルボックスの方が少しだけ大きいですよね。

【無印良品vsニトリ】整理収納アドバイザーが「ファイルボックス」を比較してみた_3 このわずかな差が、実は整理収納の上でとても大切で、書類整理と相性のよい「持ち出しフォルダー」という、タグ付きのファイルがニトリのファイルボックスにはきれいに収まらないのです!

これから書類整理をしようという方は、ファイルボックス内で使う仕切り用品との相性も考慮することをオススメします。

書類以外なら価格重視でも

書類以外なら価格重視でも 書類整理には不向きかもしれないニトリのファイルボックスですが、無印良品のファイルボックスと比較すると、実は大きなメリットがあります。

それは価格!
無印良品のものは700円(税込)に対して、ニトリは399円(税込)という価格で雑多なものを収納する際にまとめて購入しやすいですよね。※価格は2017年2月現在のもの

画像は筆者のキッチンオープン棚に9個並べた様子ですが、無印良品なら6300円かかってしまうところが、ニトリでは3591円ですみます。

これは収納用品にできるだけお金をかけたくない主婦にはとても嬉しい!

無印良品とニトリのファイルボックスを実際に使ってみて比較した結果、

●書類収納も視野に入れて多目的に使うのなら無印良品
●日用品など雑多なものを収納するのならニトリ

という結論に至りました。

それぞれのメリット、デメリットをうまく利用して暮らしにあった使い方を考えてみませんか?
この記事にコメント書く
この記事の関連タグ
関連記事