comorie コモリエ いつ?どこまで?タオルが良い?「引越し挨拶」のマナーと品物の選び方
いつ?どこまで?タオルが良い?「引越し挨拶」のマナーと品物の選び方

ライフスタイル

2017/04/03

0

いつ?どこまで?タオルが良い?「引越し挨拶」のマナーと品物の選び方

引越しの際の、ご近所さんへのあいさつ。ひとり暮らしでは安全上、あえて「しない」ことも珍しくないようですが、家族での転居では、近隣への礼儀として、きちんとしておきたいものですね。引越しあいさつの傾向やポイントを、ここ10年ほど年1回以上のペースであいさつした+されてきた自身の経験をふまえて、ご紹介します。

この記事をお気に入り登録する

2,741

転出するときも、あいさつはしたほうがいいの?

転出するときも、あいさつはしたほうがいいの? 引越しの準備に忙殺され見落としがちな転出のあいさつですが、ファミリーでの引越しでは、およそ半数がしているのだそう。筆者の経験でも、転出時のあいさつの有無は、だいたい半々という印象です。

引越し当日は、トラックが長時間停車したり、荷物の搬出で騒音が出たりしがち。ご近所さんには、前日までに引越し作業で迷惑をかけることを断りがてら、これまでお世話になったお礼を伝えておくと好印象でしょう。

特に親しくしていたり、お世話になっていたりした場合は、ちょっとした品物をお礼の気持ちとしてお渡ししてもいいですね。

新居での引越しあいさつは、いつ、どこまで行けばいいの?

新居での引越しあいさつは、いつ、どこまで行けばいいの? 転入のあいさつは、転出時と同様に作業でご迷惑をかけるお断りもかねて、可能であれば荷物の搬入前にできるとベストです。とはいえ、ただでさえ慌ただしい引越し当日、なかなかそうもいかないのが現実ですよね。引越し業者の搬入がひととおり終わったあと、早めに行くようにしましょう。できるだけ、家族全員で伺いたいものです。

あいさつする範囲は、一戸建ての場合「向こう3軒両隣」と言われています。住宅密集地の場合はさらに、裏手のお宅にも伺っておきましょう。地域によっては、町内会や自治会のリーダーにあいさつする慣習があるところも。ご近所に昔から住んでいそうな方がいれば、確認しておくと確実です。

マンションの場合は、両隣と上下階の部屋が一般的。管理人が常駐していて何かとお世話になりそうな場合は、管理人室にも一言、あいさつしておきましょう。

引越しあいさつの品物はどんなものがいい?熨斗(のし)は付けるの?

引越しあいさつの品物はどんなものがいい?熨斗(のし)は付けるの? 引越しあいさつ品の定番といえば、「日用品・消耗品」。手ぬぐい・タオル・ふきんといった布ものや、石鹸、洗剤、ラップなどは、どの家庭でも使うものですし、年代を問わずに喜んでもらえます。ただ、石鹸や洗剤は銘柄の好みがある家庭も多いので、選ぶならごくごく一般的なものにするのが無難そうです。

自治体指定の有料ゴミ袋がある地域なら、どの家庭でも必ず使うものなので喜ばれることが多いようです。あまり自分では購入しないような高級ティッシュペーパーなども、もらって困る人はいなさそう。

筆者の場合、近年はお菓子をいただくことが増えてきました。遠距離の引越しでは旧居の地域の名産品を選ぶと、会話のきっかけにもなりそうですね。

価格帯はだいたい500円~1000円程度。熨斗(のし)はあったりなかったりですが、付ける場合は、水引が蝶結びのものを使います。熨斗(のし)には贈り主の名前が入るので、付けておくと覚えてもらいやすいという利点もあります。

最初にきちんと引越しあいさつをしておくと、近所の方が何かと声をかけてくれたり、気を配ってくれたりと、新生活のスタートがぐっとスムーズになります。ご近所とのお付き合いの第一歩として、大事にしたいですね。

[関連記事]
引越し後の片付けを効率よく!入居2日で荷ほどきを終える荷造り3つのコツ
引越しは事前準備が肝心!必ず押さえたい引越し3つのコツ
この記事にコメント書く
この記事の関連タグ
関連記事