comorie コモリエ 【オススメ】茅乃舎「卵かけ御飯専用醤油」を他の調味料と食べ比べしてみた
【オススメ】茅乃舎「卵かけ御飯専用醤油」を他の調味料と食べ比べしてみた

フード・レシピ

2017/05/29

0

【オススメ】茅乃舎「卵かけ御飯専用醤油」を他の調味料と食べ比べしてみた

TKG(卵かけごはん)大好き家族3人が、ぜひ試したい!と思ったのが茅乃舎「卵かけ御飯専用醤油」。ビンと卵のまわりに、炊きたてごはんと箸を手に集まりました。ほかにもエッグトーストにかけちゃったり、茅乃舎で別に卵かけごはんにオススメとされる商品と比べてみたりしましたよ!

この記事をお気に入り登録する

14,013

茅乃舎「卵かけ御飯専用醤油」って、どんなもの?

茅乃舎「卵かけ御飯専用醤油」って、どんなもの? 茅乃舎から手元に届いたカタログをパラパラし、TKG大好き家族3人とも「ほしい!」と視線がロックオンしたのが、醤油ページにあった「卵かけ御飯専用醤油」(100ml 税込432円)。

なにせ、そのページのキャッチコピーが「始まりは、明治の醤油蔵。醤油づくりは、私たちの原点です」。そして商品説明が、「甘辛い味わいの醤油。国産大豆・小麦を使った天然醸造醤油に鰹節と昆布のだしを加えました」。どれほどおいしい専用醤油か、期待大!さっそく調達、卵を準備、ご飯も炊いてスタンバイしました。
【オススメ】茅乃舎「卵かけ御飯専用醤油」を他の調味料と食べ比べしてみた_2 まずはラベルをぐるりと拝見。化学調味料・保存料無添加。国産丸大豆・小麦を使った天然醸造醤油に、鹿児島産の鰹節、北海道産の昆布のだしをプラスしたわけですね。

▼通販サイトはこちら。生卵をそのままごはんにのせるのがお手本のよう。

卵かけ御飯専用醤油 100ml|茅乃舎|久原本家通販サイト

▼我が家の「茅乃舎だし」活用については、こちらでご紹介しています!

【母の日の贈り物に】「茅乃舎だし」でたまご雑炊&野菜ポトフを作ってみた 【オススメ】茅乃舎「卵かけ御飯専用醤油」を他の調味料と食べ比べしてみた_3 それでは開栓!小皿に入れて、ふつうの醤油と比べてみます。

左が茅乃舎「卵かけ御飯専用醤油」。色味は明るめ、少しトロミがありフチから若干盛り上がっています。味は甘味があって、うまみが強く、塩辛さはあるけれどまろやか。でもけっこう濃いです。

右がキッコーマン「特選丸大豆しぼりたて生しょうゆ」。サラッとしていて色味が暗く、ジカッと舌を刺激するストレートな塩辛さを感じます。

いよいよ実食!卵をそのままごはんにのせて、かけてみます。

いよいよ実食!卵をそのままごはんにのせて、かけてみます。 まず私が、通販サイトの画像にならい、ごはんに割ったままの卵をのせて、かけてみます。
トトトッ……おっと、かけ過ぎ?サイトではもっとドバッとかけていたような。
【オススメ】茅乃舎「卵かけ御飯専用醤油」を他の調味料と食べ比べしてみた_5 お醤油、下に行っちゃいましたね。ひとまず混ぜ混ぜしてみます。 【オススメ】茅乃舎「卵かけ御飯専用醤油」を他の調味料と食べ比べしてみた_6 一口目、ぱくり。もぐもぐ。二口目、下の方のをぱくり。噛み噛み……。
おお!やっぱりしっかり絡んだほうが、強烈においしい!卵のこっくりした味わいが、さらに甘味とうまみをまとってパワーアップ!ごはんにしみて、さらなる食欲をそそります。

結局、お醤油を足して完食!いきなりたくさんかけずに、足りなければ足すことでよさそうです。白身が多い部分、黄身が多い部分、それぞれの風味を楽しみたい人は、卵を割らずにのせて、混ぜながら食べるといいですね。

溶き卵をごはんにかけてから、かけてみます。

溶き卵をごはんにかけてから、かけてみます。 さて次は、「卵を溶いてからごはんにかけて、お醤油を後からかける派」の長女が実食!「じゃぶじゃぶしない、味の濃いだし巻き卵を食べているみたい!食べ応えある~」とのこと。まんべんなく絡んだ感じが、そう思わせたようです。

そして「別の小鉢に卵を溶いて、お醤油を加えて混ぜてからごはんにかける派」の夫がトライ!「甘いな。でもいやな甘さではない。まろやかな甘さだ」。確かに完全に混ざると、最初にくるのが「甘さ」。原材料に砂糖も入っているようですが、卵そのものの甘味がより引き立ったような自然な甘さではあります。どうやらとても気に入ったよう。

「高さ16cmの細いビン。100mlで432円という値はあるか?」については、3人「うーん、量が少ない分はちょっと高く感じるね」と声がそろいましたが、「でも濃いし、それだけのことはあるから、ちゃんと味わうのならいいんじゃない?」となりました。

ベーコンエッグのせトーストにもバッチリ♪

ベーコンエッグのせトーストにもバッチリ♪ さて、朝食にベーコンエッグを焼き、「えい、トーストにのっけちゃえ!」とポンとのせて黄身を割ってから、「これはあのお醤油ならイケるんじゃないか?」とひらめき、試してみたのがこの画像。パンに醤油はかけないし、塩コショウでも……と席を立ち、卵かけ御飯専用醤油を持って戻ってきました。

それが大正解!うまし!あの甘味とうまみ、まろやかさがパンにも合って、大変おいしくいただきました。

そういえば、カタログに「こんな料理におすすめ」として、こう書いてありました。
・卵かけ御飯に
・卵焼きに
・かけ醤油に

まさに「卵焼き」「かけ醤油」ですものね!合いそうな料理を見つけるのも楽しみです。

「煎り酒」も、卵かけごはんにかけてみました!

「煎り酒」も、卵かけごはんにかけてみました! ところで、すでに手元にある茅乃舎商品で、気になっていたものがありました。先日次女からプレゼントされた小瓶の「煎り酒」です。おすすめの使い方として、「卵かけごはんの味付けに」とあり、これは食べ比べてみたいぞと。

煮切った日本酒に梅酢と鰹・昆布だしを加えた江戸時代から伝わる万能調味料……ほんのり梅の風味で塩分控えめ、最近話題の「煎り酒」と、「卵かけごはん専用醤油」とでは、どんな違いがあるでしょう!? 【オススメ】茅乃舎「卵かけ御飯専用醤油」を他の調味料と食べ比べしてみた_10 混ぜても色味は変わらず。味というより、ふわりと繊細な風味がのったような、軽やかな感じです。「卵かけ御飯専用醤油、行きます!ドーン!!」というパンチはありませんが、こちらもまたアリでした。

これぞ、卵かけ御飯専用醤油。ぜひお試しを!

これぞ、卵かけ御飯専用醤油。ぜひお試しを! 卵とごはんというシンプルな食材を、それだけでジャンルが成り立つ料理にしてくれるお醤油。ふつうのものでもおいしいですが、茅乃舎が「卵かけ御飯専用」と銘打ったクオリティを、よければ試してみませんか?
この記事にコメント書く
この記事の関連タグ
関連記事