comorie コモリエ クレイを使ったベビーマッサージでスキンシップのすすめ
クレイを使ったベビーマッサージでスキンシップのすすめ

ライフスタイル

2017/05/29

0

クレイを使ったベビーマッサージでスキンシップのすすめ

「クレイセラピー」って、聞いたことありますか?美容に使うクレイパック、泥のパックのイメージを持っている方も多いかもしれませんが、クレイの歴史はとても古く、使われかたも多様。紀元前から世界各地で活用されてきて、古代エジプトではミイラの防腐剤としてクレイを使用し、古代ローマでは、炎症・潰瘍・骨折などの治療に使われていました。近年では、世界大戦中にフランス軍が赤痢をクレイの内服で克服したことが知られています。

この記事をお気に入り登録する

1,013

クレイとは?

クレイとは、汚染されていない土壌から掘り出した粘土質のことをいいます。
粘土の採取場所により含まれるミネラル分や効果が異なり、ホワイト・ピンク・イエロー・レッド・グリーン・ブラウンなどの種類があります。作用や効果の強さは、ホワイト<ピンク<イエロー<レッド<グリーン<ブラウンと一般的にいわれています。

クレイの効果とは?

クレイにはさまざまな効果があるのですが、代表的なものを3つ紹介します。

1、美容効果
美白効果、抗菌作用があり、くすみを取ってくれる、肌のたるみ、ニキビにも効果的です。汗疹の予防にもなります。

2、デトックス効果
痛みを取り去る働きや、体内の異物を除去する働きがあります。

3、血行促進効果
血行をよくし、筋肉痛や生理痛、腰痛、冷え性、アレルギーなどにも効果が期待できます

おすすめのクレイ活用方法

今回は「赤ちゃん」から使えるクレイの活用方法を紹介しましょう。
一番作用がマイルドな「ホワイトクレイ」を使用しておこなうベビーマッサージをお伝えします。

1、パッチテストをしましょう

クレイは、赤ちゃんからお年寄りまでどなたでも楽しむことができますが、人によっては肌に刺激を与えることがあります。はじめてクレイを使用するときは、パッチテストをおこないましょう。

太ももの内側に使用するホワイトクレイを直径1cmほどつけて5分ほど様子をみます。赤くはれあがったりする場合などはクレイの使用をひかえましょう。

2、ホワイトクレイを体につけます

赤ちゃんの機嫌がよい時に裸にしてみましょう。

お風呂上がりの場合は、タオルで水分を拭き取ります。ホワイトクレイをパフなどで赤ちゃんの全身に軽くつけます。

3、ママの手でベビーマッサージ

クレイをつけたあとは、ママの手を温かくして、赤ちゃんの全身を撫でたり、さすったりしてベビーマッサージをしてみましょう。赤ちゃんに優しく話しかけたり、歌を歌いながらおこなうと赤ちゃんもご機嫌に。赤ちゃんの様子を見ながら、1日1回5分程度を目安にベビーマッサージの時間を作ってみましょう。

クレイを使ったベビーマッサージは、肌がとてもすべすべになるので、ママも赤ちゃんも気持ちよくベビーマッサージができます。クレイの効果には、美白効果、抗菌作用があるので、赤ちゃんのスキンケアやあせも予防にもなります。

さらにクレイの血行促進効果でからだも温まり、赤ちゃんもリラックスして寝つきもよくなりますよ。このマッサージは、ベビーに限らず、大きくなった子供たちにもおすすめです。

子供が大きくなると知らず知らずにうちにスキンシップ少なくなっていませんか?スキンシップは、親子の大切なコミニュケーションです。クレイを使ったマッサージで親子の楽しいふれあいの時間を作ってみませんか?
クレイを使ったベビーマッサージでスキンシップのすすめ_7 自然療法の中では、まだあまり知られていないクレイセラピーですが、私たち人類の歴史と密接に関わってきました。生活の中でさまざまな効果をもたらしてくれる「クレイセラピー」の魅力を今後もお伝えしていきます。クレイを生活に取りいれて、より快適な生活「クレイライフ」を一緒にはじめていきましょう。
この記事にコメント書く
この記事の関連タグ
関連記事