comorie コモリエ 【掃除のキホン】油汚れに効果絶大!「重曹」を使った掃除方法まとめ
【掃除のキホン】油汚れに効果絶大!「重曹」を使った掃除方法まとめ

掃除

2017/04/21

0

【掃除のキホン】油汚れに効果絶大!「重曹」を使った掃除方法まとめ

食品や洗剤として用いられる「重曹」 いったいどのような成分で、効果があるのか?また安全なのか?注意点は無いのか?…などなど、重曹のキホンを知りたい人に向けて解説します。また、重曹をつかった場所別の掃除術をご紹介します。排水口・換気扇・エアコン・ガスコンロ・冷蔵庫・グリル・電子レンジの掃除方法がわかります。

この記事をお気に入り登録する

2,993

「重曹」って一体なんなの?

「重曹」って一体なんなの? 「重曹」が便利!…とよく聞くけど、どのようなものか知っていますか?

重曹とは、料理から掃除、健康維持まで、ありとあらゆる事に使える万能素材です。人体にも自然にも優しいうえ、市販で2kg700円前後と価格もお手頃です。

料理では、おまんじゅうのふくらし粉として活用したり、あく抜きなどに利用されています。では掃除において、どのように使われているのでしょうか?

重曹の成分

重曹の成分 使われ方を説明する前に、基本的な成分について知っておきましょう。

重曹は、炭酸水素ナトリウムの別名「重炭酸ソーダ」を略した呼び名のことです。
※重曹の曹はソーダの漢字表記「曹達」から

弱アルカリ性で、人体に無害な物質です。天然の鉱物を精製して作られるほか、科学的にも作ることができます。科学的に作る場合は、塩化ナトリウム(塩)を電気分解し、二酸化炭素と反応させて作ります。

そのため重曹を料理に使う場合は「塩分」として考えられています。

重曹は安全性が高い

重曹は安全性が高い 重曹の成分である炭酸水素ナトリウムは、人間の唾液や血液のなかにも含まれています。胃酸過多の薬としても用いられていたそうで、メーカーが定める範囲で適切に摂取すれば、体内に含んでも問題はありません。

実際に食用の重層は、お菓子作りやスープなど、さまざまなメニューにも使われおり、掃除で使用する場合も基本的には問題なく使えます。


重曹の効果

重曹の効果 汚れは大きく分けて「酸性」と「アルカリ性」の2種類に分けられます。汚れは、それぞれの性質と反対の作用を与えることで「中性」に近づき分解されます。中性に近づくことを「中和」といいます。

▼「酸性」の汚れに効果を発揮!

重層は弱アルカリ性の性質を持っているので、酸性の汚れを落とすのに適しています。

<酸性の汚れ>
・油汚れやお鍋のコゲつき
・排水口のヌメリ
・生ごみの汚れや悪臭
・茶しぶ
・湯アカ


▼「アルカリ性」の汚れには効果を発揮しづらい

<アルカリ性の汚れ>
・水アカ
・電気ポット内部の汚れ
・石鹸カス
・トイレの尿石
・タバコのヤニ

これらは重層では落としきれないので、酸性の性質を持つ洗剤のほか、クエン酸やお酢などが適しています。

【関連記事】
水垢にはクエン酸パック!キッチンの蛇口(水栓)掃除方法&おすすめの掃除道具
風呂場の水垢掃除はクエン酸が効果的!【プロの掃除術】


【ワンポイント アドバイス】消臭&湿気取りにも効果あり

湿気や臭いを吸う他、弱アルカリ性でカビにも強く、除湿剤としても使えます。


掃除用の重曹水の作り方・使い方

掃除用の重曹水の作り方・使い方 重曹1に対して水を9の割合で混ぜるだけ。重層水はたっぷりと作っておいて、後から霧吹きスプレーなどで気になる場所に吹き付けて使いましょう。

【ワインポイント アドバイス】重曹はクエン酸の組み合わせは最強

排水口の洗浄やシンクの汚れ落としなどに大活躍してくれます。また重曹とクエン酸を同量混ぜ、水を加えれば炭酸水を簡単に作ることができます(割合は重曹1:クエン酸1:水100)

【関連記事】
頑固なカルキ汚れはクエン酸で落とす!電気ポットの掃除方法&おすすめの掃除道具



おすすめの重曹

▼木曽路物産「シリンゴル重曹」



モンゴル産の鉱石を精製した天然の重曹ですが、お値段も手頃で使いやすいのが魅力。小さいサイズからあるので、試しに使ってみたいという方にちょうど良い商品です。

・お料理に お掃除に大活躍。
・シリンゴル重曹は内モンゴル大平原の地層から掘り出したトロナ鉱石を100%原料につくられた、キッチンで安心して使える食品グレードの重曹です。
・お掃除に、お料理に、さまざまな用途に安心してお使いいただけます。



▼PAX(パックス)「パックス重曹F」



掃除の用途だけでなく、ケーキやパン、お菓子の粉としても利用できます。掃除と料理併用したい方にオススメです。Amazonでもベストセラー1位に選ばれています。

・コーヒー、紅茶、茶しぶなどの汚れに
水を含ませたナチュロンスポンジやソフキンに重曹をつけて磨きます。

・お鍋のコゲツキ
水を入れた鍋に本品を大さじ2-3杯入れて煮立たせ放置する。しばらくするとコゲが浮き上がりますのでナチュロンスポンジで洗ってください。

・ガスレンジ、洗面台・流し台の汚れ、黒カビに
水を含ませたナチュロンスポンジやソフキンに重曹をつけて磨きます。ひどい汚れのときは直接ふりかけ少し置いてから磨いてください。



重曹の保管方法

重曹の保管方法 密封しておく必要があるため、フレッシュロックのような密閉容器で保管しましょう。

調味料と同じ場所に収納する場合、フタを色違いでわけること(写真はシルバーの蓋)で、食品との一瞬で区別できるようにするとスッキリ収納できます。

【関連記事】
見やすい!使いやすい!フレッシュロックを使った調味料の収納方法

重曹を使う際の注意事項

重曹を使う際の注意事項 以下は一例ですが大事なポイントです。詳しくは各メーカーの商品の注意事項をご確認ください。

▼素材をご確認ください
アルミ製品・木材や畳など天然素材・大理石・塗装がデリケートなものには、使用は避けてください。その他、粒子が細かいのでたいていのものは傷めませんが、あまり強くこするのはNGです。

▼子供の手の届くところに置かないでください
肌の弱いお子様や赤ちゃんによっては、重曹の弱アルカリ性でも腫れたりするケースもありますので、お気をつけください。

▼熱湯を使用しますと炭酸ガスが発生します
販売している重曹の種類にもよりますが、パックスFの注意事項には記載されています。

▼もし目に入った場合はこすらずに水でよく洗い流してください
こすると危険ですのでお気をつけください。


それでは、comorie専門家が提案する場所別掃除事例を紹介します。

【グリル】魚焼きグリルの脂と臭いは重曹におまかせ!

【グリル】魚焼きグリルの脂と臭いは重曹におまかせ! 重曹を使った魚焼きグリルの掃除術です。酸性の油汚れと消臭には重曹が最適!スッキリ落とす方法をご紹介します。
魚焼きグリルの脂と臭いは重曹におまかせ!

【換気扇】石けんと重曹で油汚れがピカピカに!換気扇の掃除方法&おすすめの掃除道具

【換気扇】石けんと重曹で油汚れがピカピカに!換気扇の掃除方法&おすすめの掃除道具 キッチンのお掃除でも一番の難所でもある換気扇。石けんと重曹を組み合わせることで、簡単に頑固汚れを落とすことができます。
石けんと重曹で油汚れがピカピカに!換気扇の掃除方法&おすすめの掃除道具

【エアコン】節電に直結!お掃除機能付きエアコンでフィルター掃除をしてみた

【エアコン】節電に直結!お掃除機能付きエアコンでフィルター掃除をしてみた エアコンのフィルターを洗うとき、油っぽい汚れが付いている場合は、重曹が効果を発揮します。
節電に直結!お掃除機能付きエアコンでフィルター掃除をしてみた

【ガスコンロ】汚れがゆるむ今がチャンス!ガスレンジの掃除術

【ガスコンロ】汚れがゆるむ今がチャンス!ガスレンジの掃除術 重曹を使った魚焼きグリルの掃除術です。酸性の油汚れと消臭には重曹が最適!スッキリ落とす方法をご紹介します。

五徳掃除 編
コンロ周辺掃除 編

【電子レンジ】重曹で汚れが落ちる!電子レンジの掃除方法とおすすめの掃除道具

【電子レンジ】重曹で汚れが落ちる!電子レンジの掃除方法とおすすめの掃除道具 レンジ内は食品の油やタンパク質汚れが中心なので、重曹やレンジ専用クロスで簡単に落とすことができます。
重曹で汚れが落ちる!電子レンジの掃除方法とおすすめの掃除道具

【電子レンジ】重曹、セスキ炭酸ソーダ、レモン汁、歯磨き粉で比較してみた結果

【電子レンジ】重曹、セスキ炭酸ソーダ、レモン汁、歯磨き粉で比較してみた結果 電子レンジを掃除する際、重曹、セスキ炭酸ソーダ、レモン汁、歯磨き粉で掃除したときの結果を比べてみました。
重曹、セスキ炭酸ソーダ、レモン汁、歯磨き粉で比較してみた結果

【冷蔵庫】冷蔵庫掃除の手間が激減!収納の工夫と簡単掃除のポイント

【冷蔵庫】冷蔵庫掃除の手間が激減!収納の工夫と簡単掃除のポイント 油汚れの多い冷蔵庫内は、重曹水を使い、最後にアルコールで除菌するだけで簡単にキレイになります。収納の工夫とセットでご覧ください。
冷蔵庫掃除の手間が激減!収納の工夫と簡単掃除のポイント

【排水口】ぬめり・悪臭よサヨナラ!キッチン排水口の掃除方法とおすすめの掃除道具

【排水口】ぬめり・悪臭よサヨナラ!キッチン排水口の掃除方法とおすすめの掃除道具 食器洗いの際に流れる食品カス、油汚れによって発生したぬめりは悪臭の原因になります。これらは主に酸性なので、重曹が最適です。
ぬめり・悪臭よサヨナラ!キッチン排水口の掃除方法とおすすめの掃除道具
この記事にコメント書く
この記事の関連タグ
関連記事