comorie コモリエ 【無印良品】「掃除用品システム」はお掃除嫌いにおすすめ!
【無印良品】「掃除用品システム」はお掃除嫌いにおすすめ!

掃除

2017/06/22

0

【無印良品】「掃除用品システム」はお掃除嫌いにおすすめ!

何を隠そう自他ともに認めるお掃除嫌いのichigoです。それなのに最近どんどん増えていっているのが無印良品の「掃除用品システム」。一度使い始めてからというもの、お掃除が楽しくなってきています。そんな我が家のお掃除道具をご紹介します。

この記事をお気に入り登録する

3,721

無印良品の「掃除用品システム」は見た目もいいからそのまま出しておけるのが◎!

無印良品の「掃除用品システム」は見た目もいいからそのまま出しておけるのが◎! 無印良品の「掃除用品システム」シリーズで我が家で最初に買ったのが、木製ポールとほうき、ちりとりでした。それまでアルミ製のポールしかなく、市販のフローリングワイパーと変わらない印象だったのに、「これならそのまま玄関に置いておける!」と飛びつきました。

実際に使ってみると、この小さめで薄いホウキはジョイント部分が可動式になっているので小回りが利き、とても扱いやすく、下駄箱の下や小さな角もしっかり掃きだせます。(サイズ:約幅22×奥行3×高さ23cm)

その場に置いておけるから、気になった時にサッと掃除できるようになりました。

フローリングモップ、ハンディモップ、スキージーなどバリエーションも豊富

フローリングモップ、ハンディモップ、スキージーなどバリエーションも豊富 その後、フローリングモップ、ハンディモップ、スキージーなど、どんどん増えていっています。

フローリングモップはドライタイプ・ウェットタイプのシートを付けて使うこともできますが、我が家ではもっぱらマイクロファイバーのモップを付けて、床拭きに使っています。木製ポールがとても丈夫だから、力も入れやすく、床の雑巾がけが楽にできますよ^^

ミニハンディモップは通常の長さ33cmのタイプに加え、伸縮タイプ(34~78cm)があり、こちらはヘッド部分の角度を変えられるので、届きにくい照明や窓枠などのホコリ取りも気軽にできます。

一番最近増えたのがスキージー。こちらはスポンジとスキージーの両面使用になっていて、窓掃除がこれ1つでできる優れものです。持ち上げて使うこちらには樹脂製で軽いショートポールを取り付ければ、重労働な窓掃除がとても楽に行えます。

使い方に合わせて先端もポールも選べる!別売りの付け替えもあってコスパ良し!

使い方に合わせて先端もポールも選べる!別売りの付け替えもあってコスパ良し! 無印良品の掃除用品システム、一番のお気に入りポイントはコスパです。ポールは1本あれば、先を付け替えて使えるから収納場所も取らず、使いたい場所に合わせて先端を買い足すだけでいいんです。

他にもお風呂掃除やベランダ掃除に使えるブラシや、スポンジ、カーペットクリーナー等もあり、ほとんど500円前後の価格設定。付け替え用も別売りされているので、2つめからはさらにコスパが良くなります。

現在、ポールは木製ポール(長・短)、アルミ伸縮式、軽量ショートの4種あり、好み、使い方や場所に合わせて選べるようになっています。木製ポールは1500円・1800円と少し高くなりますが、表面はしっかりウレタン加工されているから手触りもよく、とても丈夫!お値段以上だと感じています。


いかがでしたか?
お掃除嫌いの私としては、道具ひとつでこんなにやる気が違ってくるんだ……と実感しています。
何度も改良されたり、新しいものが出てきているのも楽しみの1つで、お掃除が大好きな人にも、大嫌いな人にもぜひ一度試していただきたいなと思うシリーズです。
この記事にコメント書く
この記事の関連タグ
関連記事