comorie コモリエ 洗濯物をすばやく乾かすテクニック3選
洗濯物をすばやく乾かすテクニック3選

洗濯

2017/06/19

0

洗濯物をすばやく乾かすテクニック3選

梅雨の季節。雨が続くと増えるのが部屋干しの回数。けれども部屋干しではどうしてもすっきりと乾かすことは難しいものです。そこで今回は部屋干しでは乾きにくいアイテムを素早く乾かすためのテクニックをお伝えします。

この記事をお気に入り登録する

3,122

1.防水シーツはハンガーを使って中に空間を!

1.防水シーツはハンガーを使って中に空間を! 小さな子供やペットのいるご家庭でよく使われる防水シーツ。しかし水を通さないという性質上、乾きにくいという性質も持っています。そんな防水シーツを乾かすときは、ハンガーを使ってシーツの中に空間を作りましょう。

シーツを洗濯竿にかけたら、写真のように中にハンガーを入れ、まるでテントのようにシーツの中に空間を作ります。こうすることで防水シーツの乾きにくい場所に空気が入るようになりますので、すばやく乾かすことができるようになります。

2.厚手の上着やズボンはハンガー2個使いで空間を作る!

2.厚手の上着やズボンはハンガー2個使いで空間を作る! 梅雨の時期といえば寒暖の差も激しく、まだまだ厚手のズボンや上着が活躍することも多いですよね。しかし困るのは洗って干すとき。厚手の衣類はなかなか乾きません。

そのようなときは、普段使っているものよりも一回り小ぶりなハンガーを2つ使いましょう。
ズボンや上着の中にハンガーを2つ入れ、2つのハンガーの隙間を広げます。こうすることで、地が厚く乾かしにくい場所が重ならなくなり、空気が通って乾きやすくなります。

3.上履きやスニーカーはタオルで水気を取ってから干す!

3.上履きやスニーカーはタオルで水気を取ってから干す! 雨で濡れてしまったスニーカーや子供が毎週持って帰ってくる上履き。これも乾きにくいものなのですが、次に使うときのことを考えると、できるだけ早く乾かしたいアイテムです。

上履きやスニーカーなどを干すときは、まず清潔な雑巾やタオルで包み、上からしっかりと押さえたり足で踏んだりしましょう。こうすることで上履きやスニーカーの水気が雑巾やタオルに移り、素早く乾くようになります。使った雑巾やタオルもしっかりと干しておきましょう。

扇風機を回すだけでも乾くスピードUP

扇風機を回すだけでも乾くスピードUP これまでにご紹介してきたテクニックと合わせて使いたいのが扇風機です。
洗濯物を干している部屋で扇風機を回し、部屋の空気を循環させるだけでも、洗濯物が乾くスピードはアップします。

なぜなら洗濯物が乾く速さは、どれだけ空気に触れたかによって左右されるからです。防水シーツや厚手のズボン、上着などのように洗濯物の中に空間を作って空気が流れる場所を作るだけでなく、扇風機を使って部屋全体の空気も流してみてください。

雨が降るとむしろ増えてしまいがちな洗濯物。乾かない洗濯物は匂いやカビの原因にもなってしまいます。アイテムに合わせて効率よく乾かすことで、快適な梅雨ライフを送りたいですね。
この記事にコメント書く
この記事の関連タグ
関連記事