comorie コモリエ 【2017年】コスパ最強グッズを厳選!ダイソーのおすすめ商品ベスト10
【2017年】コスパ最強グッズを厳選!ダイソーのおすすめ商品ベスト10

まとめ・特集

2017/06/26

0

【2017年】コスパ最強グッズを厳選!ダイソーのおすすめ商品ベスト10

某メディアでは月間約700万PVを獲得する人気ライターの姜さんが、おすすめのダイソーグッズをベスト10形式で発表します。100均アイテムを使用したDIY、プチプラアイテムで作る美容法など、マルチに活躍する姜さんが選んだ商品とは一体…?

この記事をお気に入り登録する

38,307

ダイソーってどんな時に利用する?他の100均や雑貨店との違いは?

ダイソーってどんな時に利用する?他の100均や雑貨店との違いは? こんにちは!Webクリエイターのkansugiです。

私は100均が大好きで、さまざまなWebメディアで100均グッズの紹介や活用方法などを紹介しています。なかでも特に、ダイソーは品揃えが多く、お店に足を運んでは新たなインスピレーションを受けられるので、私のライフスタイルを輝かせてくれるコンテンツのひとつといっても過言ではありません。

ダイソーが他の100均と違う点って?

さて、今回のテーマは「ダイソーのおすすめ商品ベスト10」。他の100均と違う点といえば、やはり圧倒的な品揃えでしょう。日本のダイソーから世界のダイソーへ、進化中ならではの商品量です。100均イコール「ダイソーでしょう!」という人も多いのではないでしょうか。

数多くのコラボレーション!

また、コラボレーション商品の多さもダイソーの特長です。「フリュー ガールズトレンド研究所」コラボや「ハリスツイード」など、「これは本当に100円で良いのですか?」と思わず尋ねてしまいたくなるほど、コスパの良い商品が数多く揃っています。

「ダイソーのおすすめ商品ベスト10」を発表する前に、もうワンエッセンス!ダイソーをより楽しみ、ダイソーのグッズをより効果的に活用するコツをQ&A式でご紹介したいと思います。

ダイソーをより楽しむコツ

ダイソーをより楽しむコツ

出典: 株式会社house stage

Q1.ダイソーに買い物しにいくタイミングは?
A1.消耗品が切れた時。新商品のチェックに月数回は必ず行きます。
ダイソーに行くならまとめ買い!というのが私の中では定番になっています。日用品で購入している100均グッズのストックが無くなりそうな時、リストアップして買い物に出かけます。そして行くと必ず両手にビニール袋。戦利品をたくさん掲げて帰路につくのです。あとは新商品のチェックも欠かせないので、定期的に足を運ぶように意識しています。

Q2.どういうものを買いますか?
A2.日用品+面白いものを試し買いします。
前項でも触れたとおり、ダイソーの品揃えは素晴らしいです。リピートしている日用品に加えて、そのときどきの新商品をチェックします。そして良さそうなものがあれば購入し、SNSでハッシュタグを調べたりレビュー記事を書いたりしています。

Q3.無印良品のような生活雑貨店との使い分けは?
A3.長く使いたいグッズは無印良品。まとめ買いはダイソー。
無印良品にもコスパがよく品質の良いものが多く揃っています。ただし、やはり値段面ではダイソーには劣りますよね。反面、ダイソー(他100均も)のグッズはロングセラーでなものと、その時しか購入できないものがあります。なので、長く使いたいものは無印良品で揃えて買い足します。収納を見直す、という時にはダイソーで揃えるなら必ずまとめ買いします。

Q4.どんなコーナーを見ますか?
A4.隅々まで。
店舗によってレイアウトがかなり異なります。あちらの店舗ではこのグッズが洗濯コーナーにあったのに、こちらの店舗ではお掃除コーナーにある、といったことも多いです。なので、基本的には隅々までチェックします。あとは、ガールズトレンド研究所グッズコーナーは目につくところにあるので、自然と引き込まれているかもしれません。

Q5.商品を購入する時に意識していることは?
A5.試し買いorセット買い。
特に食器類や収納グッズは、気に入ったものは必ずセットで買うようにしています。揃っている方がインテリアの見栄えが良いですよね。あとは、またいつ手に入るかわからない、という点を考慮してる部分もあります。新しい商品については、一度試してみようかなくらいの軽い気持ちで購入しています。何事も試してみないと分からないものは多いですから。

っといった具合に、ダイソーグッズを楽しく賢く選ぶにはトライ&エラーの繰り返しが大切です。口コミで良いという噂のものから、日々の家事をグンと楽にしてくれる優秀グッズまで。それではさっそく、「ダイソーのおすすめ商品ベスト10」を発表します!

第10位:桐すのこ

第10位:桐すのこ どんな商品?
サイズは45×20cmと小ぶり。ビニールの封を開けるとふわっと、桐の香りが心地よい。そのまま置くだけでもナチュラルな風合いがお洒落なのですが、すのこの使い方と言えばやはりDIYが主流でしょう。すのこをいくつか組み合わせて、グルーガンや木工ボンドで接着すれば、あっという間に本格的なすのこ棚が完成します。すのこ本来の使い方としてではなく、DIYの木材としての使い道でオススメなので第10位に決めました。

使ってみた感想は?
小さくて軽いので、とても扱いやすいです。こちらの長方形タイプだと、小さなのこぎりで簡単にカットすることもできます。バラしたすのこを組み立てれば、小さなスペースでもシンデレラフィットさせることができるスリム棚を作ることもできます。水彩ペンキで好みのカラーに塗ったり、オイルステインで桐の風合いをシックに仕上げるのも素敵です。

棚の他にも、ウェルカムボードにしたり、突っ張り棒と組み合わせて収納スペースを作ったりと。アイデア次第で活用法はさまざまとあります。 【2017年】コスパ最強グッズを厳選!ダイソーのおすすめ商品ベスト10_4

第9位:PCローション

第9位:PCローション どんな商品?
容量55mlでポンプ式の容器に入っているローション。インスタグラムなどのSNSで話題になっていた、ロイヤルゼリー配合の「RJローション」の新シリーズがこちらの「PCローション」です。この他にも「TCローション」、「THローション」、「HMローション」があります。まるで高級美容液のような使い心地にリピーターが多く、まとめ買いする人が続出しています。

使ってみた感想は?
テクスチャーはそこまで重たくなく、サラッとした質感。よく伸びてお肌にすっと馴染んでくれます。使い方は化粧水や乳液で整えたお肌に、乾燥が気になるパーツに塗り込んでいきます。笑いジワ、ほうれい線など、指の熱で温めながら塗り込むとじわっとお肌の奥まで潤います。

ただ、やはりホホバオイルなどのオーガニックオイルの保湿力には叶わず、本格的な保湿力を求めるなら物足りないかもしれません。1本100円なので、気兼ねなく使えるというメリット面を加味して第9位にランクイン!

第8位:マイクロファイバー 厚手雑巾

第8位:マイクロファイバー 厚手雑巾 どんな商品?
ふわふわ、もこもこな食感が気持ちの良いマイクロファイバー雑巾が2枚セットになった本商品。ビビットイエローとライトグリーンのリバーシブル仕様なのも魅力です。この明るいカラーが、お掃除のテンションをガッと上げてくれそうですよね。マイクロファイバー雑巾は、その華やかな見た目でなく機能面もとても優れているんですよ。
使ってみた感想は?
マイクロファイバー雑巾は極細の繊維で表面が構成されているため、小さくて細かなゴミも綺麗にお掃除することができます。1枚に洗剤と水を含ませて、もう1枚で乾拭きすれば、窓ガラスや鏡もあっという間にピカピカに。厚手なので、薄い雑巾よりも長く使える点も魅力です。あとは、マイクロファイバーならではの圧倒的な吸水力でしょう。台布巾、洗車やお風呂掃除などなど、乾拭きに活用すれば水滴を素早く拭き取ることが可能です。

他には、床掃除用のワイパーにマイクロファイバー雑巾を取り付けて、フローリングをピカピカに磨き上げるのもおすすめです。

第7位:ほいっぷるん

第7位:ほいっぷるん どんな商品?
ほいっぷるんは、少量の洗顔料でも濃密モッチモチ泡を簡単につくることができる優れものです。ほいっぷるんを購入してからは泡立てネットが不要になった、という人もいるほど。使い方はいたって簡単。スティックの穴が空いている面に洗顔クリームや石鹸を塗りつけて、容器に少量の水を入れスティックを上下に動かすだけ。たちまちモコモコな泡が出来上がります。洗顔料の節約にもなりますし、濃密な泡が皮脂や角質汚れを優しく落としてくれます。

使ってみた感想は?
SNSで口コミはよく見ていたものの、実際使ってみて「うん、やっぱり優秀!」とうなづきました。使い終わったあとの容器は、ぬるま湯でさっと洗うだけで手軽に管理できます。ただ、泡立てネットと比較するならば、収納方法がネック。泡立てネットの場合だとフックなどに吊るしておけばOKですが、ほいっぷるんの場合は専用のスペースが必要です。幅をくう点がデメリットではないでしょうか。

卵白や牛乳の泡立てにも使える!
洗顔のとき以外に、なんと料理シーンでも使えてしまうのが驚き。ミキサーを出すまでは面倒くさい、という時のサブアイテムとして大活躍しますよ。

第6位:リメイクシート(木目調)

第6位:リメイクシート(木目調) どんな商品?
リメイクシートは、賃貸物件でもガラッとお部屋のイメチェンを計れる便利なグッズです。貼るのも剥がすのも簡単なのが扱いやすいポイント。ダイソーには木目調やシンプルなデザインのシートが豊富。大人っぽいインテリアに合うテイストのものが多いと思います。

ちなみに、セリアやキャンドゥで売っているリメイクシートは筒状が主流、ダイソー製はスリムな折りたたみタイプ。持ち帰る際やすぐに使わない場面での保管時にスッキリとする点が好ポイントでした。

使ってみた感想は?
使ってみた感想は木目調の質感がとてもリアルなので、高級感のあるインテリアを演出できることでしょうか。シール自体は他の100均のリメイクシートに比べて薄い印象です。なので、シールを台紙から剥がすとき慎重になります。でも薄い分、角や丸いものには貼りやすいです。リメイクシートはドライヤーの温風を当てると伸びるので、曲線のものに貼る際はぜひ試してみてくださいね。

リメイクする場所でおすすめなのは、キッチンの壁まわりやレンジフード、洗面所の引き出しやふすま。そのまま貼るのももちろん良いですが、木目のラインに小さくカットして、ヘリンボーン柄に貼ってみるのも面白い趣になりますよ。

[関連記事]
【ダイソー】リメイクシートの上手な貼り方 【2017年】コスパ最強グッズを厳選!ダイソーのおすすめ商品ベスト10_9

第5位:桃の木 とき櫛 ミニ

第5位:桃の木 とき櫛 ミニ どんな商品?
桃の木でできたとき櫛はまるで高級櫛のような風合いと佇まいを兼ね備えているかのよう。100円とは思えない滑らかな木の質感に驚く人が多いでしょう。桃の木櫛は形が異なるものが数種類ラインナップしているのですが、持ち運びもしやすいこちらのミニサイズのものが個人的にはおすすめです。

使ってみた感想は?
さっととかすだけでも、なんだか髪の毛がしっとり落ち着くような感覚。このまま使うのも良いのですが、おすすめなのが「オイル漬け」です。まずは、オイルが木櫛に浸透するように、サンドペーパーで表面を削ります。椿油やあんず油、今話題のホホバオイルなどなど。お気に入りのヘアオイルを用意します。ジップ付き保存袋に入れて桃の木櫛と一緒に入れて、数日間漬け込みます。

すると、へアオイルが桃の木櫛に染み付いて髪をとかす度に潤う魔法の櫛が完成するんですよ。普段の身だしなみを数ランクアップさせることが可能です。

さらに上級者の方だと、半田ゴテを使ったウッドバーニングでイニシャルやイラストを焼き込み。オリジナリティを追求している人も多いです。プレゼントにも喜ばれそうです。

[関連記事]
ダイソーの「桃の木櫛」をオイル漬けして高級櫛に変身させる方法

第4位:ダイヤモンドクリーナー

第4位:ダイヤモンドクリーナー どんな商品?
鏡や水回りのステンレスについた水垢ってなかなか落ちませんよね。そんな困ったを解決するのがこちらのグッズです。その名は「ダイヤモンドクリーナー」。表面の研磨面がウロコ状になっていて、水をつけて軽くこするだけで、ゴリゴリと水垢を落とすことができるんですよ。ザラザラとした感触がなくなるまでこすればOK。お掃除していて快感を覚える代物です。

材質
  • 研磨部=ポリウレタン、ポリエステル、人工ダイヤモンド、エボキシ系樹脂 スポンジ部=ポリエチレン


使ってみた感想は?
サイズが小さいので、パッケージの写真のように手でつまんで持ちやすいです。頑固な汚れ部分には少しだけ力加減を強めてあげるとピカピカに。特にお風呂場の鏡についた水垢が綺麗さっぱり落とせたことには感動しました。ただし、やはり100円なので耐久性のなさが弱点。目安としては、家中の水回り掃除×2~3回でスポンジやウロコ部分が崩れるイメージです。

第3位:アルミティットコンテナ

第3位:アルミティットコンテナ どんな商品?
アルミティットコンテナは、男前テイスト好きなら一目惚れしてしまうクールなデザインが特長です。コンテナなので、折りたためて積み重ねられる機能性が充実。ネイビーとカーキの2色、サイズはS~Lで展開しています。
・Sサイズ=約幅25cm×奥行16.7cm×高さ10.5cm 価格:100円(税抜)
・Mサイズ=約幅29.5cm×奥行20cm×高さ12.3cm 価格:200円(税抜)
・Lサイズ=約幅40cm×奥行27.7cm×高さ16cm 価格:300円(税抜)

使ってみた感想は?
こちらのSサイズは幅25cm×16.7cm×10.5cm。小さいからこそ、収納フットワークが軽く、小さなスペースのちょっとした収納ボックスとして活躍しますよ。カラーボックスの上のスペースを利用して、よく使うグッズたちの収納に活用しています。 【2017年】コスパ最強グッズを厳選!ダイソーのおすすめ商品ベスト10_13 積み重ねるとこの通り!アウトドア感にあふれる趣がかっこよし。多肉植物を入れたり、野菜ストッカーやドリンクボトル置き場にしたり。使い方はアイデアとあなた次第です。カラーは今人気沸騰中のこちらカーキが個人的にはおすすめです。

第2位:ガールズトレンド研究所コラボグッズ

第2位:ガールズトレンド研究所コラボグッズ どんな商品?
ガールズトレンド研究所とのコラボグッズは、どれも可愛い!本当に本当に100円でよろしいのでしょうか?と申し訳なくなるほどのハイクオリティです。トートバッグや食器類、使い捨てのペーパーカップや文房具類などなど。シリーズによって商品ラインナップも多種多様。デザイン性に富んだグッズが多いので、可愛いテイストが好みならばお気に入りのものに出会える確率が高いです。

使ってみた感想は?
見た目の可愛さだけでなく、機能面でも優秀です。写真左のトートバッグはサイズ23cm×33cm×10cmでお弁当とドリンクボトルを入れるのにちょうど良い大きさ。ポリエステル65%に綿35%の混合素材でしっかりとした質感です。

写真右上のお皿は落としても割れない新素材のバンブープレート。アウトドアシーンや小さなお子さんがいる家庭でも大活躍すること間違いありません。

写真真ん中のラブレターはフィルム付箋。サイズ5.2cm×3.6cmの半透明なミニラブレターに、ボールペンでちょっとしたメッセージを書き込めます。

第1位:フタ付き収納ボックス

第1位:フタ付き収納ボックス どんな商品?
さて、「ダイソーのおすすめ商品ベスト10」の第1位に輝いたのは...ずばり『フタ付き収納ボックス』です。品切れ続出している店舗も多々ある人気商品。蓋とセットで100円は素晴らしすぎます。クリーム色がシンプルかつ温かみのあるインテリア空間を演出。積み重ねられるので、棚がない場所でも収納スペースを作ることができます。カラーボックスの中の収納などにも活用できますよ。

使ってみた感想は?
まず、ミニサイズながらもその収納力に驚かされます。収納ボックスは今まで、同じくダイソーで購入できる『粘土ケース』を使用していたのですが、日頃よく使うグッズはこのボックスに一色単に入れてしまうのが使いやすくて病みつきになりました。サイズは26cm×19cm×11.5cm。素材は無印良品の人気収納ケースと同じポリプロピレンです。さらっとした触り心地、質感も高級感が滲みます。

日常の様々なアイテムの収納に活躍することでしょう。見つけ次第、いくつかまとめ買いで揃えることをおすすめします。

まとめ

まとめ 「ダイソーのおすすめ商品ベスト10」いかがでしたでしょうか?発表したグッズの他にも、まだまだ優秀で使えるものがたくさんあります。人によって普段の生活ベースはもちろん異なります。だからこそ、ライフスタイルのニーズに合うグッズが各々異なることもご承知のこと。気になったものは、ぜひ購入し試してみて、使えるor使えないを自分判断で決めるのが確実といえるでしょう。

まとめの言葉を選ぶなら、

「ダイソーって素晴らしい...!」

この一言に尽きるのではないでしょうか。ダイソーでのお買い物の際に、この記事が参考になれば幸いです♪

ダイソーのオススメ商品に関する記事はコチラもどうぞ!

▼mujikko-rie
【2017年】ダイソーも大好き!無印良品マニアが選ぶ、コスパが最高なオススメ商品ベスト10


▼サチ
【ダイソー】整理収納アドバイザーがオススメする収納グッズベスト10


▼おそうじペコ
【ダイソー】メーカー品がお買い得!オススメ掃除グッズベスト10


▼kansugi (姜 淑伊)
【2017年】コスパ最強グッズを厳選!ダイソーのおすすめ商品ベスト10


▼MI
【ダイソー】北欧インテリアブロガーが厳選!オシャレな雑貨おすすめベスト10


この記事にコメント書く
この記事の関連タグ
関連記事