comorie コモリエ 脱マンネリ!そうめんの美味しいアレンジレシピ5選
脱マンネリ!そうめんの美味しいアレンジレシピ5選

フード・レシピ

2017/07/14

1

脱マンネリ!そうめんの美味しいアレンジレシピ5選

日本の夏の風物詩といえば「そうめん」が欠かせないですよね。ちゅるんとしたのど越しは夏バテの時でも食べやすく、夏時期の献立にも重宝できる素材です。めんつゆにつけるベーシックな食べ方ももちろん美味しいですが、今回はマンネリを防止すべくアレンジレシピを紹介します。あまったそうめんのリメイクレシピも必見です!

この記事をお気に入り登録する

9,398

夏の風物詩といえば「そうめん」!

夏の風物詩といえば「そうめん」! ちゅるんとした「のどごし」が心地よし。そうめんは日本の夏の風物詩と言えるでしょう。お中元でいただくことも多いですよね。さっとゆで、お好みの薬味を添えてめんつゆで食べるのももちろん美味しいですが、そればかりだとマンネリがちに。

今回は、そんなマンネリ化を防ぐべく、そうめんをさらに美味しく食べるアレンジレシピをご紹介します。

#01.トマトツナそうめん

#01.トマトツナそうめん まずご紹介するのは「トマトツナそうめん」です。夏野菜のひとつであるトマトに、缶詰のツナとの異色コラボレーション!

さっぱりした味わいと、ツナの濃厚さが心地よいハーモニーを奏でてくれるんです。仕上げに、刻んだ大葉をのせると風味が引き立ち上品に。
  
―材料(1人前)
・そうめん200グラム
・トマト1個
・ツナ缶(汁ごと)1缶
・オリーブオイル 大さじ1
・塩こしょう 適量
・鶏ダシスープの素 小さじ1
 
作り方
1.トマトは角切りにする。
2.大葉は千切りに。水にさらしてさっとアクを抜いておく。
3.ボウルにトマトとツナ缶(汁ごと)、鶏ダシスープの素 小さじ1を混ぜ合わせる。
4.ゆでたそうめんも加えて、塩こしょうで味を整える。
5.仕上げにオリーブオイルをひと回しかけたら完成!

器に盛る時はトングを使い、器の方を回すと高さがでてお洒落な見た目になりますよ。

#02.肉味噌そうめん

#02.肉味噌そうめん ガッツリ食べたい時におすすめなのがこちら!「肉味噌そうめん」です。淡白なそうめんも肉味噌をたっぷりかけることで、スタミナ抜群のメニューに変身します。

卵黄、または半熟卵を落としてよく混ぜて召し上がるのも美味しいですよ。
 
―材料(1人前)
・そうめん200グラム
・肉味噌 適量
・千切りきゅうり 適量
・卵黄または半熟卵
・めんつゆ大さじ1
 
作り方
1.ゆでたそうめんを器に盛る。
2.千切りきゅうりをのせる。
3.その上に肉味噌、卵黄を乗せたら完成!

肉味噌がしっかりとした味わいなので、よく混ぜればめんつゆいらず。ちょっと味が薄いな、と感じる場合はめんつゆ大さじ1杯を回しかけてみてください。さらに、ラー油をさっとかけるのも◎。

肉味噌の作り方

肉味噌の作り方 今回使用した肉味噌、作り置きしておくと冷奴にのせたり卵焼きの具材にしたり、チャーハン作りなどなど。何かと使い勝手が良いんです。簡単に作れるので、肉味噌作りもぜひトライしてみてはいかがでしょうか。レシピと作り方をご紹介いたしますね。

―材料
・玉ねぎ 1個分
・豚ひき肉 200g


調味料A
・酒大さじ2
・水1/2カップ


調味料B
・みそ 大さじ2杯
・醤油 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・おろししょうが(チューブでOK)小さじ2 脱マンネリ!そうめんの美味しいアレンジレシピ5選_5
作り方
1.玉ねぎはみじん切りにする。
2.熱したフライパンにサラダ油をひき、玉ねぎをよく炒める。(弱火でじっくり)
3.玉ねぎがきつね色になったら豚ひき肉を加える。調味料Aを入れ、水分がなくなるまで煮込む。
4.調味料Bを入れ、味を馴染ませたら完成!

粗熱がとれたら保存容器に入れ、冷蔵庫で保管してください。1週間くらいを目安に食べきるようにしましょう。

#03.ビビンそうめん

#03.ビビンそうめん 「辛いの大好き!」という人には「ビビンそうめん」!辛味は食欲を促進する効果があるので、スタミナをつけたい時に食べるのも◎。そうめん自体に味つけをするので、味わいの変化が楽しめる一品です。
 
―材料(1人前)
・そうめん200グラム
・キムチ 適量
・千切りきゅうり 適量
・ナムル 適量
・卵 半個


味つけ調味料
・コチュジャン 小さじ1
・米酢 小さじ1
・塩こしょう 少々
  
作り方
1.ボウルに味つけ調味料を入れ、よく混ぜ合わせる。
2.ゆでたそうめんを加えて混ぜ合わせる。そうめんが真っ赤になればOK。
3.器に味つけそうめん、具材を盛りつけたら完成!

キムチを盛りつけることで、味がグッと引き締まります。スーパーで購入できるキムチでも良いですが、韓国総菜屋さんや焼肉屋さんで売っている本格キムチを使うのがおすすめです。

#04.ゴーヤチャンプルーそうめん

#04.ゴーヤチャンプルーそうめん そうめんアレンジのなかでも、やっぱりおさえておきたいのが「ゴーヤチャンプルーそうめん」でしょう。そうめん=主食から一新、おかずに変身します。

ビールともよく合い、夏の晩酌タイムにもおすすめの一品ですよ。こちらは余ったそうめんを活用するのも◎。
 
―材料(1人前)
・そうめんの余り 
・ゴーヤ 半個
・人参 半個
・玉ねぎ 半個
・卵 1個


味付け調味料
・ごま油 適量
・塩こしょう 少々
・鶏ダシスープ 小さじ1
  
作り方
1.熱したフライパンにごま油をひき、溶き卵を加える。
2.卵がふんわり焼けたらそうめん以外の具材と味付け調味料を入れ炒める。
3.最後にそうめんも加えて、塩こしょうで味を整える。
4.そうめんがほぐれにくかったらごま油を加えて、味を馴染ませる。
5.完成!

ゴーヤチャンプルーそうめんは、それぞれの食材食感を活かすためにもさっと炒めるのがポイント!

#05.チーズチヂミ

#05.チーズチヂミ 最後にご紹介するのは「チーズチヂミ」。そうめんの原形がほぼないです。「そうめんをゆですぎちゃった」「大量のそうめん束で何か違う料理が作れないかしら?」というお悩みを解決してくれる一品です。

普通のチヂミ生地と違い、そうめんが加わることで、食感はもちもち。食べ応えのある一品が簡単に作れますよ。
 
―材料(1人前)
・そうめんのあまり 
・卵 2個
・小麦粉 大さじ4(片栗粉で代用もOK)
・スライスチーズ 2枚
・塩こしょう 少々
・鶏ダシスープの素 小さじ1
 ・ごま油


作り方
1.そうめんのあまりをみじん切りにする。
2.ボウルに全材料を入れてよく混ぜ合わせる。
3.熱したフライパンにごま油を多めに引く。
4.生地を流し入れたら薄く、丸く広がるよう伸ばす。
5.蓋をして蒸し焼きにする。
6.蓋を外して水分を飛ばしたらひっくり返す。
7.もう片面は蓋をせずに焼き、火が通ったらキッチンペーパーの上にあげる。
8.1口大にカットしたら完成!

 チーズチヂミはそのままでも味がついていますが、お醤油や酢醤油、ポン酢をつけて召し上がるのもおすすめですよ。


―そうめんアレンジにトライあれ!
 
このほかにもアイデア次第で、そうめんは七変化します。野菜やお肉同様に、そうめんを「一つの素材」と考えて、ぜひ様々な料理に活用してみてはいかがでしょうか♪

[関連記事]
ベビーチーズの簡単アレンジ♪美味すぎる「ニンニク醤油漬けチーズ」
【裏技】自宅で簡単!おいしくて「溶けにくい氷」の作り方
【時短】全部まとめて茹でるだけ!モチモチ食感「水漬けパスタ」の作り方
この記事にコメント書く
この記事の関連タグ
関連記事