comorie コモリエ 簡単に作れてボリューム満点!そうめんレシピ3選
簡単に作れてボリューム満点!そうめんレシピ3選

フード・レシピ

2017/08/01

0

簡単に作れてボリューム満点!そうめんレシピ3選

麺を1、2分ゆでて、冷水で洗って水を切り、つゆを用意すればすぐに食べられるそうめん。暑くなると出番が多くなりますね。いつもの食べ方にそろそろ飽きてきた、そうめんだけでボリュームのある一品にしたい、というときにおすすめのアレンジレシピを3つご紹介します。

この記事をお気に入り登録する

1,058

納豆とさばの水煮は相性抜群!ひっぱりそうめん

納豆とさばの水煮は相性抜群!ひっぱりそうめん ゆで上がったうどんを鍋からひき上げ、納豆やさばの水煮入りのつけだれにからめて食べる、山形名物「ひっぱりうどん」のそうめん版です。うどんと同じく「釜揚げ」の熱々で食べてもいいですし、ゆで上がったそうめんを冷水で洗ってしめてから食べてもおいしいです。 簡単に作れてボリューム満点!そうめんレシピ3選_2 <材料:1人分>
・そうめん 1人分
・納豆(あればひきわり、たれも使用) 1パック
・さば水煮缶 1/2缶
 ※納豆のたれがない場合は、小さじ1/2程度のめんつゆかしょうゆで味をつける

<薬味>
・ねぎ、みょうが、刻みのり、おろししょうがなど

作り方はいたって簡単です。材料と薬味を器に入れて混ぜて、ゆでたそうめんをつけて食べます。お好みで生卵や温泉卵をのせても。

冷水でしめたそうめんを、茄子入りの熱いつけ汁で食べる「茄子そうめん」

冷水でしめたそうめんを、茄子入りの熱いつけ汁で食べる「茄子そうめん」 <材料:2人分>
・そうめん 2人分
・めんつゆ(そうめんを食べる濃さに希釈) 2人分
・茄子 2本
・お好みで、鶏肉、ねぎ、みょうが、しそ、白ごまなど

めんつゆで茄子を煮たものを、冷水でよくしめたそうめんにかけて食べる料理。甘辛く煮た茄子がおいしく、食欲のないときでも、つるっと食べられます。

茄子は食べやすい大きさに切って、水にさらします。そうめんは、ゆですぎないように気をつけます。 簡単に作れてボリューム満点!そうめんレシピ3選_4 茄子と一緒に鶏肉も煮ると、ボリュームがアップします。つゆのうまみも増しますよ。写真では鶏もも肉を使っていますが、豚バラ肉などでもおいしいです。

また、茄子をごま油で炒めてからめんつゆに入れると、味も香りもさらに豊かになります。汁を冷たくして食べてもおいしいですよ。

冷蔵庫にある野菜や肉など、ありあわせの具材で作る「そうめんチャンプルー」

冷蔵庫にある野菜や肉など、ありあわせの具材で作る「そうめんチャンプルー」 野菜や肉とそうめんを一緒に炒め、好きな味で味をつけます。具材は冷凍シーフード、ツナ缶やさば缶などの缶詰、卵、ハム、ウインナーなどでもOK。冷蔵庫の整理にうってつけのレシピです。 簡単に作れてボリューム満点!そうめんレシピ3選_6 今回は、中途半端に残っていたさばの水煮、使いかけの人参、ピーマン、庭のコリアンダーを使いました。

熱したフライパンで具材を炒め、味をつけたところに、ゆでたそうめんを入れます。全体的に混ざったら味を調えてできあがり。

注意する点といえば、そうめんどうしがくっつきやすく、また、フライパンにもくっついてしまいがちということくらいでしょうか。

そうめんの粘りを出さないコツは、ゆでたてのそうめんを使わないことです。ゆでてから、油をからませて、少しおいたものを使います。そうめんを食べるときにあらかじめ多くゆでて、油をからませて冷蔵庫に保存。翌日はそうめんチャンプルーで活用、というもいいかもしれませんね。

どの料理も、冷蔵庫にあるもの、ストックしてあるもので何とかできそうなものばかり。短時間で調理できるのもうれしいですね。野菜や肉、魚も一緒に食べられるので、夏休みのお昼ごはんのほか、晩ごはんにもおすすめです。

[関連記事]
そうめんには「茅乃舎つゆ」が最強!簡単にできるアレンジレシピも紹介します
脱マンネリ!そうめんの美味しいアレンジレシピ5選
[冷そばアレンジ]ごま油と卵黄、海苔が好相性の「無量寿そば」がおすすめ
この記事にコメント書く
この記事の関連タグ
関連記事